体験記と比較

中古車買取No.1ガリバー 審査なしで即作れるETCカード 新車見積もりオートックワン
【DMMモバイル】 カナダ土産定番のメイプルクッキー セキュリティグッズ

自動車を購入する際の値引き交渉について、平均相場の把握、上手な値引き交渉術など体験記をもとに相場の限界まで挑戦

脱ネット音痴・節約術TOP > 自動車購入体験記

自動車購入
値引き交渉

ヤフオク出品代行トゥービィー

ヤフオク公認のオークション出品代行店。
2017年1月から業界初の代行手数料0円〜が始まり、業界最安値の手数料となります。
商品検品・商品採寸・商品撮影・商品コメント作成・出品・質問への回答・落札後の処理・発送上記全てを代行致します。
(万が一の時のクレーム対応も含みます)

中古車買取実績No.1ガリバー

車買い取り専門店、実績No.1のお店、
ガリバーのサイト。
高値査定の評判が高いだけでなく、対応の評判も高いためオススメです。

無料査定
カーチス

カーチスの愛車無料査定。
買い取り実績があり、信頼できる企業です。

審査なしで即作れる
ETCカード

ETCカードを販売する高速情報協同組合のサイト。
クレジット会社様のカードと違い、審査が無いので、短期間で簡単にカード発行が出来ます。
特に、お勤め先でのカード申込みに便利です。

【カービュー】
自動車保険一括見積

自動車情報の総合サイト『カービュー』の自動車保険一括見積り

自然派リフォーム工務店紹介サイト

自然派リフォーム工務店紹介サイト。
木の家・自然素材住宅の工務店が探せる無料一括資料請求!

楽天モバイルのスマホ

楽天モバイル
番号乗り換えも可能
つながりやすさ、スピードはドコモと同じ
選べる4つの料金プラン
楽天グループのアプリを使えば通話やメッセージが無料に!


自動車の値引き交渉

初めての自動車購入。
人生の中の大きな買い物のうちのひとつ、ローンを組んで購入する人もいるでしょう。
気軽な気持ちで購入できない商品です。
ここでは、私が体験した新車購入をもとに、値引き交渉の上手な方法について掲載します。

値引き額を17万円から38万円にアップ!

初めての新車購入、私の場合はトヨタ ・シエンタでした。
最初の店舗での見積も時、どう頑張っても値引き額17万円が上限でした。
その後、アプローチを変えて別の営業店で交渉した際、最終的に38万円以上に!
この値引き交渉の体験をもとに、初心者でも上手に値引き交渉が行えるよう、詳しく掲載します。


値引き交渉の鉄則

■値引き交渉で大切なこと
車種選びや購入の流れを説明するよりも、まずは大事な値引き交渉について説明します。

★自動車値引きの鉄則
1.値引き額の相場は車種により変わる
2.時期により値引き幅が変わる
3.値引き交渉は同一メーカーの異なる営業店でも行う
4.値引き交渉、見積もりに下取りは除外する
5.予算はいくらぐらい?に返答しない



シエンタ見積もり1回目

見積もり1店舗目 17万円の値引き

見積もり1店舗目 17万円の値引き

シエンタの見積もり書の比較です。
1店舗目で提示された値引き額はご覧の通り、17万円。
これ以上の値上げは期待できそうもありませんでした。

ちなみに、下取り価格は3万円になっています。
これも別サイト(初めての中古車売却)に掲載していますが、最終的に32万円で売却できました。

お金にこだわらず、この店だけでお世話になっていれば、どれだけ損していたかと思うと、、、
高い買い物こそ、時間をかけて、よりお得な買い物に自分の力でしましょう〜

シエンタ見積もり1回目

見積もり2店舗目 38万円の値引き

見積もり2店舗目 38万円の値引き

シエンタの見積もり書、2店舗目。
ご覧の通り、値引き額は約38万円

通常値引き以外に、
「ガソリン満タン、ETC取り付け無料」
をしてもらっています。

これも交渉時の言いようで追加してもらったサービス。
「最後にこれをつけてくれたら契約します。」のように、
〜したら契約します の一言に営業マンは弱いです。

ちなみに、1店舗目では下取り査定してもらいましたが、新車を購入したディーラーでは査定すらしてもらいませんでした。
これも別サイト(初めての中古車売却)に理由は掲載しています。

購入したシエンタX LIMITED

購入したシエンタX LIMITED 総額160万円

購入したシエンタX LIMITED 総額160万円

私の購入したトヨタのシエンタ、X LIMITED。

本体価格161万円、オプション37万円、
値引き38万円。

決め手は、自動スライドドア3列シート

小さい子供がいるので、自動スライドドアは非常に便利です。
 (ちなみに、自動なのは左のスライドドアのみ)

3列シートは大勢でのお出かけに便利。
ただし、大きなワゴンタイプの車と比べると、3列目の快適性は落ちます。
4,5時間の長距離は体力のある人でないとしんどいと思います。

それまでは、コンパクトカー(ヴィッツ)を乗車していましたが、小回りもきき、操作性は変わらないです。
小型で3列シートは種類が少なく、ライバル車はホンダのフリードぐらいです。
私の場合、価格も10万以上高いし、デザインもイマイチなフリードは最初から対象外でした。





▲このページのトップへ

脱ネット音痴・節約術TOP > 自動車購入体験記