体験記と比較

大人気の保険相談サイト〜保険マンモス 保険見直し 無料相談 保険スクエアbang!の一括資料請求
【プラズマクラスター搭載】加湿空気清浄機 キッチンネッツ 楽天の愛車一括査定!

絶対オススメ! 無料できるプロのFP資格保有者との保険相談、見直しから手続きまで

脱ネット音痴・節約術TOP > 保険の賢い見直し方と注意点TOP > プロのFPとの保険相談

【表】 無料でできる保険相談

無料相談依頼サイト 保険相談.com 生命保険.com 保険マンモス 保険gift
サイトの
サービス
全国〜店舗ある保険見直し本舗のスタッフを紹介してくれる 提携先の独立系FP会社を紹介してくれる
サイトの
特徴
保険スクエアBangと提携のある信頼できるサイト - サイトの内容が充実
日経新聞に取り上げられ、人気
そのため、予約に若干時間がかかる
しつこい勧誘なしのレッドカード制
ポイント会員制
面談、アンケート回答、保険契約によりポイント(それぞれ500円程度)が付与される
相談依頼後の対応 担当者から直接電話
⇒打ち合わせアポ
オペレーターから電話
⇒約20分程度のアンケート
⇒担当者から電話(アポ)
メールか電話の希望が選べる
⇒オペレータから日程調整
⇒担当者と直接アポ取り
担当者から直接電話
⇒打ち合わせアポ
紹介先会社 保険見直し本舗 フロンティアパートナーズ ブロードマインド AIP
紹介先企業の特徴 全国展開の来店型ショップ 独立系FP会社
相談相手 女性担当者(30代)
<FP資格なし>
男性担当者(30後半)
<AFPの資格保有>
男性担当者(40後半)
<AFPの資格保有>
男性代表取締役(50代)
<AFP資格保有>
提示資料 ・ソニー生命によるライフプラン表(将来設計)
生命保険の雑誌
個別保険プラン等をまとめたファイル
簡易な保険の見直しプラン表の提示
アリコのライフプラン表(資産設計表)
・ソニー生命によるライフプラン表(将来設計)
個別保険プラン等をまとめたファイル
・ライフプラン表(将来設計)の資料をクリアファイルにまとめて提示
保険パンフレット
所見 提示資料が充実しており、分かりやすい。
FP資格をもっていない担当者のため、相談時の回答や提案内容は他より劣る
保険加入後のサポートは無し
専門知識が豊富で説得力のある説明
保険加入、退会手続き、事故などの際の保険給付金請求までお世話はしてくれる
保険各社の特徴、保険商品のメリットデメリット、保険の基礎など偏見なく教えてくれる
ライフプラン表の説明が主
ライフプラン表が現実とズレがあるため、信頼性が高くない
かつ、詳細でボリュームが多く、説明が長くなる


保険見直しと
注意点



保険マンモス
大人気の保険相談

ファイナンシャルプランナーによる≪無料≫で保険相談と申し込みができるサイト。
日経新聞にも掲載され、申し込みが多く、すぐに予約できないほど!!
私も体験しましたが、「時間の節約」「最適な保険の選択」「保険の知識習得」
何をとってもプラスになることばかりだったのでオススメします。

生命保険ドットコム
生命保険見直し相談

保険マンモスと並んで人気の高い、無料で保険の相談と申し込みが行えるサイト。
プロのフィナンシャルプランナーの方と相談して保険を見直すことができます。
実体験としても、得することばかりだったので、強くオススメします!!

保険見直し 無料相談

【保険GATE】FPへ無料で保険相談が申し込める全国対応のFPマッチングサイト

保険スクエアbang!
保険の一括資料請求

保険の一括資料請求が行えるサイト。
最大17社から資料請求が行えます。
ここでの資料請求はあくまで参考程度に!
一番オススメは保険相談になります。


プロのFPとの保険相談のススメ

無料でできるプロとの相談〜保険加入

■プロのFPの方との保険相談が絶対オススメ!
 昔はどの保険会社も同じような保険を販売していました。
しかし保険制度も変わり、現在は保険会社も多く、多種多様な保険が出ています。
保険資料の一括請求をしてベストな保険を選んだつもりでも、それはごく一部の会社で、保険内容の詳細まで見れていないでしょう。
素人では判断できないほど複雑になってきているのです。

そこで、保険を検討の際は、自分一人で考えずにプロの方との相談をオススメします。
プロの方は私達が資料請求するより多くの保険を扱っています。
また、保険商品の内容や違いを熟知し、メリットデメリットも把握しています。
それを私達の希望するプランで提示してくれ、分かりやすく説明してくれます。

中には、手間がかかり、ややこしい保険の新規加入手続きや、解約手続きだけでなく、
いざ入院した時などの給付金請求までサポートしてくれる担当者もいます。
これが無料でできるので活用しないほど損はありませんね。

複数のFPの意見を取り入れる

■できれば複数と相談
 保険相談する担当者はそれぞれ価値観も性格も違います。
勧めてくれる保険商品についても異なります。
自分に最適な担当者が一回目から巡り会えるとは限りません。
そのため、保険相談は複数社ですることをオススメします。

一回目の相談時に、1時間や1時間半など、適度な制限時間を指定すれば、複数回の相談も苦ではないでしょう。
保険商品の見分け方など、色んな保険の話も聞けて、自分のためにもなります。




> 保険の賢い見直し方と注意点TOP へ

▲このページのトップへ

脱ネット音痴・節約術TOP > 保険の賢い見直し方と注意点TOP > プロのFPとの保険相談