体験記と比較

大人気の保険相談サイト〜保険マンモス 生命保険ドットコムの保険見直し相談 保険見直し 無料相談
【圧力鍋】楽天売れ筋商品 セキュリティグッズ 楽天の愛車一括査定!

入院保険の掛け金はどう決める? 入院日額〜円を決める際の参考情報を掲載。

脱ネット音痴・節約術TOP > 保険の賢い見直し方と注意点TOP > 入院1日当たりの必要額は?

保険見直しと
注意点



保険マンモス
大人気の保険相談

ファイナンシャルプランナーによる≪無料≫で保険相談と申し込みができるサイト。
日経新聞にも掲載され、申し込みが多く、すぐに予約できないほど!!
私も体験しましたが、「時間の節約」「最適な保険の選択」「保険の知識習得」
何をとってもプラスになることばかりだったのでオススメします。

生命保険ドットコム
生命保険見直し相談

保険マンモスと並んで人気の高い、無料で保険の相談と申し込みが行えるサイト。
プロのフィナンシャルプランナーの方と相談して保険を見直すことができます。
実体験としても、得することばかりだったので、強くオススメします!!

保険見直し 無料相談

【保険GATE】FPへ無料で保険相談が申し込める全国対応のFPマッチングサイト

保険スクエアbang!
保険の一括資料請求

保険の一括資料請求が行えるサイト。
最大17社から資料請求が行えます。
ここでの資料請求はあくまで参考程度に!
一番オススメは保険相談になります。

【生ごみリサイクラー】
Panasonic 生ゴミ処理機

住宅購入者のアンケートで、導入しておけばよかったキッチン設備ランキングNo.1に入ることの多い、生ごみ処理機。
美味しい匂いのイメージが崩れる生ごみの悪臭を絶ってくれる優れモノです。
米国では60%以上もの普及率を誇り、今後日本でも普及が見込まれます。
助成金を出す自治体も多いため、確認してみましょう

新車見積もり
オートックワン

新車の見積もりサイト、
オートックワン。
my linkをご利用いただくと、お好きなクルマの見積りページへダイレクトにリンクできます。
車の相場などの事前情報収集に便利です。
登録後、いろんな自動車情報も届きます。


入院1日あたりの必要額の基準

入院1日あたりの必要額の基準

■あなたの入院日額〜円の基準は?
 医療保険には、入院日額5000円、10,000円などの選択肢があります。
皆さんはどういう基準でこの金額を決めているでしょうか?
なんとなく、という方が大半と思われます。
ここでおおよその目安をつけるための参考情報を掲載したいと思います。

■医療費は3割負担、かつ上限が抑えられる
 こちらも保険のパンフレットに
  「乳ガンになると平均16日入院、医療費80万円」
などのフレーズが強調されています。

このようなフレーズには、実際、自分が支払う必要額がいくらとは表現されていません。
では、入院1日あたりいくら自分で支払うことになるのでしょう。

まず健康保険により医療費3割負担という仕組みがあります。
いくら高い医療費がパンフレットに記載されていても3割負担であることを前提に考えましょう。

■高額療養費制度により、一日当たり3000円もしない
 また、先に述べた高額療養費制度により、月当たりの出費は8万円ちょっとに抑えられます。
8万円を日割り計算すると、「ひと月8万円 = 1日2666円」。
3,000円もかからないという計算になります。
それなのに医療保険で入院日額1万円コースに加入している人は、本当にそれが必要なのか、これだけ見ると考えさせられるものです。

■差額ベッド代が1日当たりの出費に個人差が出る
 それ以外に必要な出費もあります。
大きな出費として、公的保険の適用が効かない100%自己負担の費用があります。
代表的なものが、
「差額ベッド代」、「入院時の食事代」、「退屈しのぎの本やテレビの閲覧費」 です。
このうち、費用で大きな比重を占めるのが差額ベッド代になります。
 (なお、入院時の食費は健康保険から一食260円まで給付してもらえます。)

入院時のベッドには快適さに差があり、快適なほど値段も高額になります。
患者本人が希望して選んだ一定基準以上のベッドには、それ相応の実費負担が求められます。
それが「差額ベッド代」です。
個室が高くなりますが共同部屋でも費用がかかります。
現時点では
「私は差額ベッド代がかからないベッドでいい」と考える人でも、入院してみると差額ベッド代が発生するケースは多いようです。
では、その費用はいくら必要でしょうか?

保険会社のパンフレットには、
  「差額ベッド代1万円で計算、15日入院すると15万円必要」
のように1万円ぐらいを目安に書かれているものがよく見受けられます。
贅沢嗜好の人であればこれくらいかかることもあるでしょう。
患者本人が選ぶため、費用ははまちまちですが、
贅沢嗜好のない人だと、3,000〜5,000円ぐらいが多いというデータがあります。
ここが個人個人で費用に違いが出るため、医療保険の入院日額〜円の判断ポイントとしてください。

■差額ベッド代がかからないことも
 ただし、この差額ベッド代は、必ずかかるものではないということも知っておく必要があります。
差額ベッド代には徴収してはいけないケースというのもあり、
同意書による署名がないものは請求できないことになっています。
例えば、病院都合で高い個室ベッドしか空きがない場合、
こちらとしては希望していないため、同意書にサインしなければ差額ベッド代がかからないことになります。

病院としては、診療報酬だけでは経営が成り立たないので、親切な説明なしに差額ベッド代をなんとかして請求しようとするところも少なくありません。
例えば、こちらが個室ベッドの必要がなくても、共同部屋へ病院から率先して移動するよう促してくれないことも多々あります。
こういうことを踏まえ、高いベッド代のかかる場合は自ら移動を求めるようにしましょう。


■関連リンク
■参考サイト


> 保険の賢い見直し方と注意点TOP へ

▲このページのトップへ

脱ネット音痴・節約術TOP > 保険の賢い見直し方と注意点TOP > 入院1日当たりの必要額は?