体験記と比較

最大8社から愛車無料査定 【シャムワウ】ドイツ製のクロス セキュリティグッズ
審査なしで即作れるETCカード クロックス公式オンラインショップ 生命保険ドットコムの保険見直し相談

郵便局などで専用封筒を購入する必要がある。
レターパック500との違いは厚さ3cmという制限があることと、配達物の受け渡し方法

脱ネット音痴・節約術TOP > 簡易郵便の配達方法の比較 > レターパック350


レターパック
350
課金方法 大きさ制限 重さ制限 発送方法 料金
350円定額

※重さ関係なし
専用封筒の範囲内
(248mm×340mm)
厚さ3cm以内
4kg以内 郵便局
(コンビニ)
直接ポストへ投函
全国一律 350円


郵便物の送料比較
レターパック350

月刊ハウジング定期購読3ケ月

リクルート発行、最もメジャーな住宅関連の雑誌。
購入者の体験談、アンケートは住宅購入初心者に参考になります。
住宅関連の最新ニュース、最新設備、最新商品の掲載も揃っています。
500円と割安なのも魅力。

Yahoo!オークション

一般の量販店、価格.comや楽天などどこと比較しても一番安く変えることの多いヤフオク!
上手に使って節約をしましょう。

【正規品 ル・クルーゼ】
ココットロンド22cm
【SALE】20%OFF!

フランス生まれのおしゃれで可愛いホーローの鍋、ルクルーゼ。
可愛さだけでなく、耐久性もあり、手入れをしっかりすればさび付きなどもなく、何年でも利用できます
煮物も、普通のステンレス鍋と比べ、芯まで火の通りが良く、美味しく料理できます。
洗浄後、キッチンペーパーなどですぐに水分をふき取ることが長持ちのポイント!

【圧力鍋】
楽天レビュー300件以上!大人気 売れ筋商品

圧力鍋は、少ないエネルギーで芯まで火の通った料理ができます。
IHかガスを悩むより、圧力鍋を採用した方が断然、省エネで美味しく作れます。
掲載商品は、最新の3つの特殊安全装置付きで、初心者にも安心!

リクルート「SUUMO」

リクルート運営の不動産・住宅に関する総合情報サイト『SUUMO(スーモ)』。
住宅情報サイトとして最大手で役に立つ情報が満載です。
資料請求、カタログ請求、問い合わせなど有効活用しましょう。


レターパック350

 日本郵便のレターパック350について掲載します。
全国一律料金で、専用封筒に入れてあて先を記入してポストに投函するだけの便利な発送方法です。
レターパックにはレターパック350とレターパック350があります。
大きな違いは、レターパック350が厚さ3cmを超えては絶対ダメな点。
専用封筒の縦、横の大きさは両者で同じです。
レターパック350専用封筒に入らない大きさの場合、定形外郵便かゆうパックを選びましょう。

■特徴

  • 全国一律 350円の定額制。
    (距離、重さは関係なし)
  • 専用封筒が必要で、それに入らなければ発送不可
  • 厚さ3cmの制限があり、少しでも超えるとダメ
      ⇒レターパック500は封筒に入れば厚さ無制限
  • ポストにそのまま投函できる
  • 普通郵便同様、手渡しできなければ、ポストへ投函される

■規格

以下の条件を満たしたものがレターパック350で送ることができます。

大きさ 長辺 34 cm
短辺 24.8 cm
厚さ 3 cm
重さ 4 kg以内
距離 国内無制限

■レターパック350の規格


■発送方法

レターパック350では、まず始めに専用封筒を購入する必要があります。
レターパック350専用封筒は以下で購入できます。

  • 郵便局窓口
  • 一部のコンビニ (下記、日本郵便と提携するコンビニ参照)
  • 一部の金券ショップ(500円よりさらに安値で購入できます)

専用封筒に商品を包装した後のレターパック350の発送方法は以下の2パターンとなります。
 @郵便局窓口で直接発送依頼する
 A直接ポストへ投函する(ポストに入るサイズの場合)

※コンビニ発送、コンビニでの専用封筒購入について
 コンビニ発送は正式にOKとされていません。
 ただし、日本郵便の郵便物(ゆうパックなど)を扱うコンビニであれば、
 ゆうメール同様、対応して頂けるコンビニもあります。


クロネコ系 郵便局系
× セブン-イレブン ○ ローソン
× ファミリーマート ○ サークルKサンクス
× スリーエフ ○ ミニストップ
× ポプラ ○ デイリーヤマザキ

■日本郵便(ゆうパックなど)を扱うコンビニ


■送料

レターパック350は定型郵便と同様、全国一律の料金です。


料金 全国一律 350円

■レターパック350の料金表


■サービス面

レターパック350で選択可能なオプション機能は以下の通りです。


速達 0円。
普通に送ると、速達扱いになる
補償 × 紛失、破損時に補償してくれる
着払い × 未対応
その他 荷物追跡サービス あり
配達日指定 なし

■レターパック350のオプション・サービス内容


■注意点

  • 専用の封筒を購入する必要がある。
    (専用の封筒は、郵便局窓口、もしくはコンビにの一部店舗で扱う)
  • 商品到着時、直接手渡しで届き、不在時は、ポストへ投函される




レターパック350はどの条件が一番良いか?

簡易郵便物の発送方法、判断フロー図

レターパック350が最も安くなる発送方法の条件分岐フロー図。
厚さ2cm、1kg以内のメール便発送可能なものは、レターパック350は選ばれません。
ゆうメール発送可能か不可能に限らず、2kg以上あれば、レターパック350が最安値です。






> 簡易郵便の配達方法の比較TOP へ



▲このページのトップへ

脱ネット音痴・節約術TOP > 簡易郵便の配達方法の比較 > レターパック350