体験記と比較

保険スクエアbang!の一括資料請求 セキュリティグッズ キッチンネッツ
JAF会員に入会 楽天の愛車一括査定! 保険スクエアbang!の一括資料請求

郵便局などで専用封筒を購入する必要がある。
500gを超える場合、定形外郵便や、ゆうパックより安く送れる。

脱ネット音痴・節約術TOP > 簡易郵便の配達方法の比較 > レターパック500


レターパック
500
課金方法 大きさ制限 重さ制限 発送方法 料金
500円定額

※重さ関係なし
専用封筒の範囲内
(248mm×340mm)
4kg以内 郵便局
(コンビニ)
直接ポストへ投函
全国一律 500円


郵便物の送料比較
レターパック500

【年間購読】素敵なカントリー

可愛い雑貨でインテリアの様子を紹介する雑誌です。
家づくりの際も、住宅購入後も、非常に参考になります。
毎号2/5/8/11月に発行、年間購読で計4冊
送料込みの年間購読で、定価の7%引きとお得です!

楽天の愛車一括査定!

楽天が提供する中古車一括査定の依頼サイト、楽天オート。
楽天が提供するだけあって、信頼できるサイトです。
査定依頼するだけで楽天ポイントがもらえるのも魅力です。

生命保険ドットコム
生命保険見直し相談

保険マンモスと並んで人気の高い、無料で保険の相談と申し込みが行えるサイト。
プロのフィナンシャルプランナーの方と相談して保険を見直すことができます。
実体験としても、得することばかりだったので、強くオススメします!!

保険の見直し、節約するには保険相談が一番

保険の相談、申し込みが行えるサイト。
保険の見直し、節約をするには専門のプロによる保険相談が一番です。
私も体験しましたが、「時間の節約」「最適な保険の選択」「保険の知識習得」
何をとってもプラスになることばかりだったのでオススメします。

世界最大のネット通販サイト、amazon.comのキッチンと雑貨のサイト。
様々な商品を格安で手にいれることが出来ます。
ルクルーゼなど、キッチン関連の商品も最安値で販売されていることも多いサイトです


レターパック500

 日本郵便のレターパック500について掲載します。
全国一律料金で、専用封筒に入れてあて先を記入してポストに投函するだけの便利な発送方法です。
ゆうパックのように、本人に直接渡して受領印をもらう点、荷物の追跡サービスがある点など、安心できるサービスでもあります。

クロネコ・メール便やゆうメールが扱えない発送物の場合、定形外かレターパックが選ばれます。
500g以上であれば、レターパック500の方が安くなります。
レターパックにはレターパック500とレターパック350があります。
大きな違いは、レターパック350が厚さ3cmを超えては絶対ダメな点。
専用封筒の縦、横の大きさは両者で同じです。
レターパック500専用封筒に入らない大きさの場合、定形外郵便かゆうパックを選びましょう。

■特徴

  • 全国一律 500円の定額制。
    (距離、重さは関係なし)
  • 専用封筒が必要で、それに入らなければ発送不可
     (ぎゅうぎゅう詰めにしても密閉できればOK) ⇒レターパック350は厚さ3cmまでの制限がある
  • ポストにそのまま投函できる
  • ゆうパック同様、手渡しで持ち主へ届けられる
     (不在時は不在通知書がポストに入れられ、再配達を希望する)

■規格

以下の条件を満たしたものがレターパック500で送ることができます。


大きさ 長辺 34 cm
短辺 24.8 cm
重さ 4 kg以内
距離 国内無制限

■レターパック500の規格


■発送方法

レターパック500では、まず始めに専用封筒を購入する必要があります。
レターパック500専用封筒は以下で購入できます。

  • 郵便局窓口
  • 一部のコンビニ (下記、日本郵便と提携するコンビニ参照)
  • 一部の金券ショップ(500円よりさらに安値で購入できます)

専用封筒に商品を包装した後のレターパック500の発送方法は以下の2パターンとなります。
 @郵便局窓口で直接発送依頼する
 A直接ポストへ投函する(ポストに入るサイズの場合)

※コンビニ発送、コンビニでの専用封筒購入について
 コンビニ発送は正式にOKとされていません。
 ただし、日本郵便の郵便物(ゆうパックなど)を扱うコンビニであれば、
 ゆうメール同様、対応して頂けるコンビニもあります。


クロネコ系 郵便局系
× セブン-イレブン ○ ローソン
× ファミリーマート ○ サークルKサンクス
× スリーエフ ○ ミニストップ
× ポプラ ○ デイリーヤマザキ

■日本郵便(ゆうパックなど)を扱うコンビニ


■送料

レターパック500は定型郵便と同様、全国一律の料金です。


料金 全国一律 500円

■レターパック500の料金表


■サービス面

レターパック500で選択可能なオプション機能は以下の通りです。


速達 0円。
普通に送ると、速達扱いになる
補償 × 紛失、破損時に補償してくれる
着払い × 未対応
その他 荷物追跡サービス あり
配達日指定 なし

■レターパック500のオプション・サービス内容


■注意点

  • 専用の封筒を購入する必要がある。
    (専用の封筒は、郵便局窓口、もしくはコンビにの一部店舗で扱う)
  • 商品到着時、直接手渡しで届く。
    不在時は、ポストへ投函ではなく、ポストへ不在通知が入り、再配達を頼むことになる。
  • レターパック500は2010年3月末まで、EXPACK500(エクスパック)といわれていました。
    内容に変更はなく、EXPACK500専用封筒は2010年4月以降も引き続き利用できます。




レターパック500の専用封筒

レターパック500の専用封筒(表面) レターパック500の専用封筒(裏面)

レターパック500の専用封筒

レターパック500の専用封筒。
郵便局などで500円で購入します。
丈夫なつくりをしているので、ちょっと引っ張ったぐらいでは破れないです。
写真はEXPACK500(2010年3月末まで)ですが、同じ大きさです。


レターパック500専用封筒にどれぐらい入るか?

A5サイズの本5冊 A5サイズの本4冊入れた結果 A5サイズの本5冊入れた結果

エクスパック専用封筒にどれぐらい入るか?

では、レターパック500に実際、どれくらい入るのでしょう?
サンプルとして厚さの違うA5サイズの本5冊を入れてみました。
一見、入りそうにないですが、実際入れると4冊は問題なし!
5冊目になると、なんとかギリギリ入るというぐらいです。
でもこれだけの厚さになると、ポストへの投函は難しくなります。
(私の知っている範囲では、A5サイズ2冊程度がポスト投函への限度です)


レターパック500はどの条件が一番良いか?

簡易郵便物の発送方法、判断フロー図

レターパック500が最も安くなる発送方法の条件分岐フロー図。
厚さ2cm、1kg以内のメール便発送可能なものは、レターパック500は選ばれません。
ゆうメール発送可能か不可能に限らず、2kg以上あれば、レターパック500が最安値です。






> 簡易郵便の配達方法の比較TOP へ



▲このページのトップへ

脱ネット音痴・節約術TOP > 簡易郵便の配達方法の比較 > レターパック500