こだわり マイホーム

商品リンク
資料請求・比較

【引越し比較】e-ひっこし リフォーム見積もり 住宅ローン一括審査申込
【見積り取るならカーテン・じゅうたん王国】 お金の節約に関するサイト
Warning: array_rand() [function.array-rand]: First argument has to be an array in /home/users/1/sub.jp-sayacafe/web/home/custom2/in_ad.php on line 42
お金の節約に関するサイト

断熱材や外断熱と内断熱の仕組み、高気密住宅にするためのポイントについて紹介します

こだわりマイホームTOP > ロハスな暮らし > 断熱工法と断熱材

省エネ住宅
高気密・高断熱

最新情報  ●建築記録
健康住宅  ●省エネ住宅
ロハス  ●カントリー

open

■Money・ローン

open

■マイホームの基本

open

■キッチン選び・メーカー

配置 ●サイズ素材
国内1  ●国内2
輸入  ●オーダー
ガスコンロ  ●食洗機
IH  ●フード  ●水栓

open

■住宅建材

屋根  ●外壁
床材  ●ドア

用語集


Warning: array_rand() [function.array-rand]: First argument has to be an array in /home/users/1/sub.jp-sayacafe/web/home/custom2/in_ad.php on line 42

お金の節約に関するサイト

様々なお金の節約に関するオススメサイトです。

お金の節約に関するサイト

様々なお金の節約に関するオススメサイトです。

「住宅ローン」賢い人はこう借りる!改訂版

住宅ローンに関する本。
住宅ローンの種類と選び方が詳しく書かれています。
金利だけにとらわれず、リスクも知りましょう

【プラズマクラスター搭載】
シャープ 加湿空気清浄機KC-W45

シャープが独自開発した話題のプラズマクラスターイオンを搭載した空気清浄機。
大腸菌や黒カビといった浮遊菌を滅菌する効果から、空気中のウィルスや細菌類の不活化、ダニや花粉によるアレルギー症状の抑制効果など、次々と新効能が実証されています。
加湿機能も付くこの商品で健康でクリーンな居住空間にしましょう!

引越大手比較.com

引越しのサカイやアリさんマークの引越社など、大手の引越し業者の見積もり依頼サイト。
安心できる有名な大手企業ばかり扱っています
料金やサービスの比較がしやすいのも特徴

ホームアドパーク

不動産住宅情報、ホームアドパークのサイト
日本最大級約100万件の物件数を誇り、
豊富な情報量から希望の物件を問い合わせできます。
物件のお気に入り登録機能や、通勤時間帯別の検索機能など
機能も充実しています


■健康住宅
 ┣高気密化がもたらす健康被害
 ┣住まいの有害物質
 ┣カビとハウスダスト
 ┣健康的な建材・資材の利用
 ┗光触媒が有害物質を除去してくれる
■省エネ・エコ住宅
 ┣高断工法と断熱材
 ┣断熱、機密と次世代省エネ基準
 ┣エコキュートの採用
 ┣エコウィルの採用
 ┣エネファーム
 ┗太陽光発電システムの採用

外断熱と内断熱の違いと特徴

■外断熱と内断熱の違いと特徴

 住宅の断熱方法には、内断熱と外断熱の2通りがあります。
昔から使われてきた内断熱、最近使われている外断熱、ともに長所短所があります。
断熱性のみ重視すると、外断熱が有利です。
ただし、施工が困難なため、施工精度の高さが求められます。
施工実績など、信頼性も確認した上で選択しましょう。

■内断熱

 住宅内部の天井、壁、床に断熱材を張り巡らせる方法。
メリット

  • 古くからとられてきた工法で、施工しやすく信頼性が高い
  • 施工コストが安い

デメリット

  • 壁の内部に結露が起こり、内部のため、手入れがしにくい。

■外断熱

 住宅を断熱材で覆ってしまう方法。木造の場合、外張り断熱とも言われます。
断熱性が高く、近年、主流の断熱方法となっています。
メリット

  • 基礎から外壁、屋根に至る全てに断熱材を入れるため、外気の影響を受けにくい。
     ⇒断熱性が高い
  • 内断熱のデメリットであった、壁の内部に結露がおこる点が解消できる。

デメリット

  • 施工が構造や形状に左右され易く、複雑な形状の住宅では特に施工しにくくなる。
  • 施工コストが高い
  • 断熱材の外側に外壁材を設置するため、外壁が外側に出てしまう。

断熱材の比較

■断熱材の比較

 最も普及しているのはグラスウールで、一般的な家庭ではこれが使われています。
普及する大原則が安価であることで、
グラスウールは他の断熱材と比べて安価な上、高い断熱性を発揮するため、普及しています。
しかし、グラスウールはふわふわの綿のような素材のため、水や湿気に弱く、
吸水によるカビの発生や腐食につながるデメリットもあります。
最近では、廃材のリサイクルや再利用の取り組みが行われていますが、廃棄時の環境負荷が高いことからも使用に難点があります。

■発泡プラスチック系断熱材の大きなメリット

 グラスウールはふわふわの綿状のものですが、発泡プラスチック系は発泡スチロールのようなものです。
発泡スチロールを水の上に置くと浮かび上がり、水を吸い込まないことからも分かるとおり、
グラスウールのデメリットであった吸水によるカビや腐食を起こしにくい素材といえます。
また、クール宅急便などでも発泡スチロール状のケースに保冷して商品を発送することからも分かるとおり、発泡プラスチック系は昔から優れた断熱性を持つ素材として広く利用されてきた素材です。
価格はグラスウールより高価で、断熱性能の良いEPSではグラスウールの3倍の価格がするものもあります。

■大手住宅メーカーでも採用が分かれる

 高断熱が売りの住宅メーカーでも、断熱材の採用が分かれています。
例えば、スウェーデンハウスはグラスウール、一条工務店はポリスチレンフォーム(EPS)を採用しています。
厚みが増せば断熱性も高まることや、断熱材だけでなく施工技術により断熱性が大きく変わるため、
断熱工法、断熱材、施工技術を総合的に考える必要があります。
その意味でも、客観的な断熱性能を示すQ値の比較や、気密性も重視する必要があります。
 >[参考] 断熱性(Q値)、気密性(C値)と次世代省エネ基準

断熱材の種類

■断熱材の種類

 断熱材の種類には、以下に示すように多くの種類があります。





グラスウール ガラスの原料を高温処理して、ふわふわした綿状の繊維にしたもの。
厚くすればするほど断熱性能が高まる。
水や湿気に弱く、吸水によるカビ発生を防ぐため、室内側に防湿層が必要。
不燃材であり、燃えても有毒ガスを出さないこと、
防音性、防虫、防カビに優れていることがメリット。
軽量で施工も容易。
ロックウール 耐熱性の高い鉱物を高温処理して繊維状にしたもの。
水や湿気に弱く、吸水によるカビ発生を防ぐため、室内側に防湿層が必要。
グラスウールと比べて断熱性が高く、施工しやすいため薄くできることと、隙間をつくらずに施工できることがメリット。
その分、価格は若干高い。








硬質ウレタンフォーム 小さな気泡で形成された断熱材。
気泡には熱伝導率が低いガスが含まれているため、最も優れた断熱性を持つ。
燃えやすい性質があることと、紫外線により劣化することがデメリット。
ポリエチレンフォーム 細かな気泡で発泡された耐吸水性の高い断熱材。
施工しやすく、隙間なく施工することが可能。
燃えやすい性質があることと、紫外線により劣化することがデメリット。
製法によって、ビーズ法と押出法の2つの種類がある。
ビーズ法はEPSと呼ばれ、一条工務店など高断熱住宅メーカーでの採用も目立っています。
ポリスチレンフォーム 1つ1つの粒の中に気泡を持った断熱材。
水や湿気に強いこと、軽量で緩衝特性があることが特徴。
燃えやすい性質があることと、紫外線により劣化することがデメリット。



繊維
セルローズファイバー 天然の木質繊維を利用した断熱材。
リサイクル素材が主原料のエコ製品。
繊維に含まれる気泡の中の空気により、断熱性、防音性を高める。
木質のため、吸湿作用、調湿作用があることもメリット。
インシュレーションボード 軟質繊維板とも呼ばれる。
木材から取り出した繊維質をボード状に成形加工した断熱材。
リサイクルされた木材を使用し、ホルムアルデヒドも含まれないエコ商品、健康建材である。

■最新断熱材

 話題の最新断熱商品をご紹介します。

デコスファイバー デコスファイバーは廃棄された古新聞を機械で粉砕し、綿状にしたもの。
断熱材としては、木質系繊維のセルロースファイバーになります。
リサイクルにより作られるため、環境に優しいエコ商品です。
調湿作用があり、住宅の結露を防ぐことができます。
タイベックシルバー 米・ヂュポン社が開発したエコ断熱材。
透湿防水シートにアルミを特殊技術で蒸着させ、遮熱効果を持たせた商品です。
住宅をアルミですっぽり覆うようなイメージになります。
10年保証付き。
特許申請中で、特許を取得するとブランド力が高くなり値段も上がる可能性があります。




▲このページのトップへ

こだわりマイホームTOP > ロハスな暮らし > 断熱工法と断熱材