こだわり マイホーム

商品リンク
資料請求・比較

【不動産サイト】住友不動産販売 引越し比較.com 住信SBIネット銀行
【圧力鍋】楽天売れ筋商品 防犯・防災のTSSP.jp 火災保険の一括見積もり

これから住宅購入・リフォームをする人に向けての、キッチンのレイアウト設計をするための情報サイト

こだわりマイホームTOP > レイアウト

キッチン
レイアウト

最新情報  ●建築記録
健康住宅  ●省エネ住宅
ロハス  ●カントリー

open

■Money・ローン

open

■マイホームの基本

open

■キッチン選び・メーカー

配置 ●サイズ素材
国内1  ●国内2
輸入  ●オーダー
ガスコンロ  ●食洗機
IH  ●フード  ●水栓

open

■住宅建材

屋根  ●外壁
床材  ●ドア

用語集

Yahoo!オークション

一般の量販店、価格.comや楽天などどこと比較しても一番安く変えることの多いヤフオク!
上手に使って節約をしましょう。

ecocochi
マイクロファイバー
ハンディモップ

さっとひと拭きするだけの、簡単でお手軽な清掃グッズ。
極細繊維のマイクロファイバーにより、ホコリや汚れが想像以上に取れやすくなっています。
見た目も可愛く、カラーも6種類から選べます。
価格も590円と割安。
掃除嫌いな人の必需品!

【家具転倒防止装置】
2本セット 取り付け簡単

近年、震度6前後の地震が頻発しています。
住宅の耐震化でも防ぎきれない食器類、本などの転倒による被害も多い中、個人でできる地震対策として最も手軽で有効な地震対策がこれでしょう。
東海大地震へ備え、静岡県での耐震グッズの普及率が高かったため、震度6の大地震でも被害が少なかったという事例もあります

引越大手比較.com

引越しのサカイやアリさんマークの引越社など、大手の引越し業者の見積もり依頼サイト。
安心できる有名な大手企業ばかり扱っています
料金やサービスの比較がしやすいのも特徴

ホームアドパーク

不動産住宅情報、ホームアドパークのサイト
日本最大級約100万件の物件数を誇り、
豊富な情報量から希望の物件を問い合わせできます。
物件のお気に入り登録機能や、通勤時間帯別の検索機能など
機能も充実しています

お金の節約に関するサイト

様々なお金の節約に関するオススメサイトです。


■設計
 ┣レイアウト
 ┣キッチンサイズ
 ┣ワークトップ
 ┗シンクと床材

■キッチンメーカー紹介
 ┣国内普及メーカー
 ┣国内高性能メーカー
 ┣輸入キッチン
 ┗オーダーキッチン
■キッチン周辺機器
 ┣ガスコンロ
 ┣IHクッキングヒーター
 ┣食器洗い乾燥機
 ┣レンジフード
 ┗水栓金具

キッチンの設計

キッチンの設計

■商品選びばかり目をとらわれないで、きちんと設計をしてから
 キッチンは主婦にとって最も親密にお付き合いしていくことになる住宅設備です。
キッチンメーカー各社、様々な最新設備などを搭載し、商品選びをするだけで楽しくもなります。
しかし、商品選びに目が移りがちですが、まずはしっかりと設計から考えることが大切です。
以下の設計ポイントをある程度検討した後で商品選びに移りましょう。


【キッチン設計のポイント】

  • リビング・ダイニング・キッチンの間取りにしめるキッチン面積とレイアウト
  • オープンキッチンにするか、独立型キッチンにするか
  • キッチンのレイアウトと大きさ

レイアウトの基本はワークトライアングル

■作業動線を考える
 キッチン選びの中で一番最初に決めるべきポイントはレイアウトです。
住宅設計段階で、間取りの設計と合わせてキッチンのレイアウトも決める必要があります。
キッチンレイアウトを決める際の基本は、ワークトライアングルです。
ワークトライアングルとは、シンク、加熱調理機器、冷蔵庫の3箇所を結ぶ作業動線のことです。
この作業動線の形や長さによって、動きやすさや効率性が変わってきます。
長いT型のキッチンは、作業動線も長くなり、大きなデメリットになります。
動線の目安は、ワークトライアングルの総和がT型が270cmが理想(350cm以下に!)
それ以外のレイアウトでは、270cm〜550cmになることを心がけましょう。


【ワークトライアングル】
ワークトライアングルと長さの目安

間取りとキッチン

■家の間取りとあわせて考える
 キッチン周りに配置する食器棚、勝手口、パントリーの位置も
レイアウトを決める際の考慮すべき点となります。
生ごみや空き缶など、調理で出たごみを外に出す場合、
勝手口はキッチンエリア側に作るのが理想です。

近年、生ごみはディスポーザー機能付きシンクのついた商品も発売され、
空き缶などのごみも、臭いが漏れにくい設計にしたゴミ箱をシンクの下に
取り付けたシステムキッチンもありますので、考慮すべき点です。

食料の保管用スペースとしてパントリーは非常に有効になります。
こちらも食料を貯蔵する目的として利用するので、キッチンスペースのすぐそばが理想です。
それらの配置を考えた上で、キッチンのレイアウト選びを行ってください。

レイアウトの種類

■レイアウトの種類

 キッチンには以下に示す5タイプのレイアウトがあります。
レイアウトを決めるポイントは先に述べたワークトライアングル、
つまりシンク、加熱調理機器、冷蔵庫の3箇所を結ぶ動線を考えることです。
以下にそれぞれの特徴を記載します。

T型キッチン U型キッチン L型キッチン
キッチンセットを一列に並べたレイアウト。
最も一般的な形で、キッチンが狭い場合に有効です。
アパートやワンルームマンション向き。
横に広いキッチンでは、動線が長くなるため不向きになります。
コンパクトなスペースで動線を短くしたレイアウト。
横に広いキッチンではT型でなく、U型の方が有効になります。
シンクと加熱調理器は一列に並べるか、分けるかの選択肢がポイントです。
一列に並べた方が作業しやすく、一般的といわれます。
列の幅は120cmが標準的。
コーナーをキッチンセットの一部に利用するレイアウト。
コーナー部分を有効活用すれば作業スペースが確保できます。
加熱調理器とシンクを対角に配置できるため、作業効率があがります。
T型より横幅に余裕がある場合にオススメです。
キッチンレイアウトT型、U型、L型
キッチンレイアウト選び
U型キッチン アイランド型キッチン
キッチンセットをU字型に囲んだレイアウト。
動線が短くなり、作業スペースも確保しやすくなります。
キッチンスペースに余裕がある場合、有効です。
逆にキッチンが狭い場合にU型を選ぶと圧迫感が出ます。
中央部の空きスペースにより、作業効率も左右され、80〜120cmが目安。
広すぎると、逆に効率が悪くなります。
購入時のキッチン価格は比較的高め。
キッチンセットを島のように独立させたタイプ。
360度、多方面から作業できることがメリットです。
また、明るく開放的なスタイルで、リビングとのコミュニケーションをはかるにも最適です。
コンロはT型、U型のようにアイランドの後ろに設置することも可能です。
こちらもキッチン価格は比較的高めの傾向があります。

壁からカウンターが延びたペニンシュラ型(ペニンシュラとは半島の意味)もアイランド型と同じ扱いをされることもあります。
キッチンレイアウトU型・アイランド型
キッチンレイアウト選び


▲このページのトップへ

こだわりマイホームTOP > レイアウト