こだわり マイホーム

商品リンク
資料請求・比較

リフォーム見積もり 【ALSOK】綜合警備保障 ハウスメーカー・工務店の資料一括請求!
【見積り取るならカーテン・じゅうたん王国】 火災保険の一括見積もり ハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

キッチン選びの情報サイト。シンク、床材で使用する素材や特徴について紹介します

こだわりマイホームTOP > キッチンの設計 > シンクと床材

キッチン素材
シンク

最新情報  ●建築記録
健康住宅  ●省エネ住宅
ロハス  ●カントリー

open

■Money・ローン

open

■マイホームの基本

open

■キッチン選び・メーカー

配置 ●サイズ素材
国内1  ●国内2
輸入  ●オーダー
ガスコンロ  ●食洗機
IH  ●フード  ●水栓

open

■住宅建材

屋根  ●外壁
床材  ●ドア

用語集

Yahoo!オークション

一般の量販店、価格.comや楽天などどこと比較しても一番安く変えることの多いヤフオク!
上手に使って節約をしましょう。

クロックス公式オンラインショップ

クロックス オンラインショップ

クロックスのオンラインショップ
種類もカラーもお店とは違い、すべて確認できるから、オンラインショップの方がオススメ!

チケットぴあ

チケットぴあ

チケット買うなら「チケットぴあ」のサイト。
行きたかった講演、久しぶりのライブ、ストレス解消に!

【見積り取るならカーテン・じゅうたん王国】

カーテン・じゅうたん王国
カーテン専門店では国内最大級の品揃え。

楽天の住宅ローン

楽天銀行の住宅ローン。
フラット35の中では最も金利が低く、最も事務手数料が低い、オススメ金融機関です。

ブランド食器
【ル・ノーブル】

ウェッジウッドやエルメスなど海外のブランド食器類を扱うル・ノーブルのサイト。
ハイセンスで上品な食器類をたくさん扱っています。
ルクルーゼの鍋やフロッシュの洗剤などキッチン類の商品も多数揃っています


■設計
 ┣レイアウト
 ┣キッチンサイズ
 ┣ワークトップ
 ┗シンクと床材

■キッチンメーカー紹介
 ┣国内普及メーカー
 ┣国内高性能メーカー
 ┣輸入キッチン
 ┗オーダーキッチン
■キッチン周辺機器
 ┣ガスコンロ
 ┣IHクッキングヒーター
 ┣食器洗い乾燥機
 ┣レンジフード
 ┗水栓金具


キッチンのシンク

シンクの素材選び

■ワークトップと違う観点で素材を選ぶ
 キッチンのシンクに利用される素材としては、主に、
ステンレス、大理石、ホーロー、樹脂のシンクがあります。
基本はワークトップでも使われる素材と同じものが使えますが、ワークトップとシンクは利用用途が違うということは頭に入れて素材選びをする必要があります。

ワークトップとの違いは、やはり熱いお湯や汚れ物を流すという点。
熱いお湯を流したり、熱い鍋を置くことがあるため、耐熱性を重視しなくてはいけません。
食器類の洗浄にも使うので、その過程で発生する汚れが付着しにくい素材
付着した汚れを落としやすい素材選びも重要なポイントです。
フライパンなどにこびりついた汚れを取るために、力いっぱい洗浄する場合もあるため、ワークトップよりも衝撃に強い素材も必要になります。

●ステンレス

 ワークトップでも使われている素材であり、メリットデメリットも同じです。
全てをステンレス性で構成されたオールステンレスのシステムキッチンではワークトップとシンクの継ぎ目がないため、より汚れが付着しにくく、手入れがしやすくなります。
また、メーカーによって水の落ちる音や食器などを置くときの
衝撃音を吸収する静音タイプのシンクもあります。

●ホーロー

ホーローは鉄やアルミなどの金属を下地に、ガラス質のうわぐすりを高温で焼きつけたものです。
鉄は錆びやすい、ガラスは割れやすいというデメリットがありますが、
ホーローにすることで、鉄のサビが防げ、ガラスの強度が増します。
なめらかな肌ざわりと美しい色合いや光沢は、
キッチンのデザイン性を高めてくれます。
ひび割れ防止のために、写真のようにゴム製のシンクのマットがキッチンショップで売られているので、衝撃防止や汚れの防止にオススメです。
メリット
  ・価格が比較的安価
  ・耐熱性がある
  ・傷に強く、錆びにくい(耐久性がある)
  ・臭いがつきにくい
デメリット
  ・汚れが目立ちやすい
  ・強い衝撃によりひび割れの恐れがある

キッチンの床材

■キッチンの床材

 キッチンの床材には、タイル、無垢フローリング、ビニールシートなどがあります。
水滴が落ちやすいところ、汚れがつきやすいところというのが考慮するポイントです。
その点、ビニールシートは素材の特徴から合っていますが、安っぽさがあることと、
耐久性の面からデメリットもあります。
タイル、無垢のフローリングは水を吸水しやすい、汚れがつきやすいという特徴がありますが、
そのデメリットを軽減するために加工されたものがあり、キッチンにはそれが使われます。

●テラコッタタイル

 タイルには水を吸いやすい汚れが落ちにくいというデメリットがあります。
しかし、吸水しにくいタイプのタイル、汚れがつきにくいタイプのタイルも最近では多く出回っています。
中でもオススメは、テラコッタタイルです。
鮮やかで不規則な模様をしており、デザイン性に優れます。
耐久性もあります。
キッチンで使用するには、吸水しにくいタイプ、汚れがつきにくいタイプのテラコッタタイルが望ましいです。
本物のテラコッタ以外にも、テラコッタ風(テラコッタ調)と言われる、
本物のテラコッタと見た目がほとんど変わらないものもあります。
テラコッタ風タイルは、テラコッタの弱点を克服したキッチン床材に適した素材です。



▲このページのトップへ

こだわりマイホームTOP > キッチンの設計 > シンクと床材