こだわり マイホーム

商品リンク
資料請求・比較

【引越し比較】引越し屋 引越大手比較.com 太陽光発電なら【新日本住設の太陽光マイスターにお任せ】
ソニーストア 火災保険の一括見積もり デザイナー家具のリグナ

システムキッチンの大きさ選び 〜 広さ、幅、高さ、奥行き選びのポイント | キッチン選びの情報サイト

こだわりマイホームTOP > キッチンの大きさ選び

キッチンのサイズ

最新情報  ●建築記録
健康住宅  ●省エネ住宅
ロハス  ●カントリー

open

■Money・ローン

open

■マイホームの基本

open

■キッチン選び・メーカー

配置 ●サイズ素材
国内1  ●国内2
輸入  ●オーダー
ガスコンロ  ●食洗機
IH  ●フード  ●水栓

open

■住宅建材

屋根  ●外壁
床材  ●ドア

用語集

防犯・防災のTSSP.jp

防犯&防災グッズのオンラインショップのサイト。
防犯ブザー、防犯フィルム、補助錠、センサーライト、防犯カメラなど住宅に関連する防犯グッズを多数扱っています

引越し比較.com

引越し業者が多く、その中から最大8社に無料一括見積り。
複数社のサービス、料金の比較が可能で、最安の引越業者を探せます。
引越しの豆知識やタイムテーブルなど、便利なコンテンツも充実しています

楽天の住宅ローン

楽天銀行の住宅ローン。
フラット35の中では最も金利が低く、最も事務手数料が低い、オススメ金融機関です。

火災保険一括見積

火災保険の一括申し込み比較サイト。
火災保険の保険料も保険会社によりまちまち。
しっかり比較して選びましょう。

マンション居住者専用サイト「コラボ」

NHK、日経新聞、毎日新聞、読売新聞等の各種メディアでも紹介された話題のマンションコミュニティサイト。
・マンション内の居住者だけで情報交換・情報共有
・お知らせ掲示板、施設予約など便利な機能が盛り沢山
・導入、運営管理対応など充実のサポート支援

デザイナー家具のリグナ

デザイナーズ家具を中心に取り扱うインテリアショップ
「名デザイナー」別の検索機能、
「ブランド」別の検索機能、
「国」別の検索機能などバリエーション豊富で扱う商品も多数揃っています


■設計
 ┣レイアウト
 ┣キッチンサイズ
 ┣ワークトップ
 ┗シンクと床材

■キッチンメーカー紹介
 ┣国内普及メーカー
 ┣国内高性能メーカー
 ┣輸入キッチン
 ┗オーダーキッチン
■キッチン周辺機器
 ┣ガスコンロ
 ┣IHクッキングヒーター
 ┣食器洗い乾燥機
 ┣レンジフード
 ┗水栓金具

キッチンの大きさ

キッチンの大きさ

 キッチンの高さや幅は調理時の作業効率や疲労感にかかわってきます。
キッチンカウンターの高さについては、細かな調整のきくケースが多いですが、
カウンターの奥行きや幅はメーカーが販売するシステムキッチンの商品ごとに固定されるケースが多いです。
「この商品がよかったがサイズが合わない」というケースも出てくるでしょう。
サイズにこだわりがあり、既成商品に希望のサイズがなければ
オーダーメイドのキッチンも選択肢になります。

キッチンの高さ

■微調整できるキッチンカウンターの高さ
 カウンターの高さには、JIS規格で80cm、85cm、90cm、95cmと規定されています。
しかし、ほとんどのメーカーにおいて、希望に合わせた高さに対応してもらえます。
カウンターの高さは料理を一番する人の身長にあわせる必要があります。
一般的な適正高さは、「身長 ÷ 2 + 5cm」となります。
身長160cmの方であれば、80+5=85cmです。
しかし、これはあくまで目安であり、個人差があります。
ショールームで実際に調理をイメージしてチェックしてください。


【最適なキッチンの高さの目安】
キッチンの高さの目安 = 「身長 ÷ 2 + 5cm」

カウンターの奥行き

■奥行きの広いキッチンは快適だけど費用がかさむ
 カウンターの奥行きは一般的に60cm、65cmが主流で、やや広めで75cmです。
幅が広くなると、作業スペースが増えることと、カウンター下の収納も増えるメリットがあります。
しかし、その分キッチン価格も大きく上昇します。
オープンキッチンの対面式キッチンやアイランドキッチンのように、双方から作業できるようなカウンターであれば、90cmや100cmなど奥行きを広くとるとメリットがさらに高まります。
反対に、キッチンの反対側に壁を配置している場合、90cmや100cmほどのワイドサイズであれば、届かないという状況が発生しかねません。
せっかく奥行きを広くとってもムダが発生してしまいます。


【キッチンの奥行きのポイント】
●壁にさえぎられたクローズドキッチンは
  = 標準サイズの「60cm〜70cm」
●オープンキッチンは、標準より広めに
  = 「75cm〜90cm」 にすると快適

カウンターの幅(長さ)

■広さだけでなく、作業動線も考えて!
 カウンターの幅は2500〜3450mmと選択幅が広くなります。
広ければ広いだけよいというものではなく、作業動線を考慮することが大切です。
そのため、レイアウトによっても大きく変わってきます。

T型であれば、おおよそ2550mm、
L型であれば、おおよそ2850mmが目安です。
特にT型で、長くしすぎた場合、作業動線が長くなり、デメリットになります。
動線の目安は、ワークトライアングルの総和がT型が270cmが理想(350cm以下に!)
それ以外のレイアウトでは、270cm〜550cmになることを心がけましょう。
カウンターの幅により、価格も大きく変わってきますので、その点も考慮する必要があります。


【キッチンカウンターの幅(長さ)選びのポイント】
ワークトライアングルの総和を考慮すること!
 T型のワークトライアングル = 270cm
 それ以外のワークトライアングル = 270 〜 550cm


【キッチンサイズとワークトライアングル】
キッチンサイズとワークトライアングル



▲このページのトップへ

こだわりマイホームTOP > キッチンの大きさ選び