こだわり マイホーム

商品リンク
資料請求・比較

火災保険の一括見積もり 【不動産サイト】ホームアドパーク 住信SBIネット銀行
月刊ハウジング定期購読3ケ月 Yahoo!オークション 楽天銀行・住宅ローン

フラット35の最新金利情報と、フラット35しくみや特徴、SBIや楽天などの低金利金融機関(モーゲージバンク)を紹介

こだわりマイホームTOP >  【最新】住宅ローン金利 > フラット35

住宅ローン金利

最新情報  ●建築記録
健康住宅  ●省エネ住宅
ロハス  ●カントリー

open

■Money・ローン

open

■マイホームの基本

open

■キッチン選び・メーカー

配置 ●サイズ素材
国内1  ●国内2
輸入  ●オーダー
ガスコンロ  ●食洗機
IH  ●フード  ●水栓

open

■住宅建材

屋根  ●外壁
床材  ●ドア

用語集

【生ごみリサイクラー】
Panasonic 生ゴミ処理機

住宅購入者のアンケートで、導入しておけばよかったキッチン設備ランキングNo.1に入ることの多い、生ごみ処理機。
美味しい匂いのイメージが崩れる生ごみの悪臭を絶ってくれる優れモノです。
米国では60%以上もの普及率を誇り、今後日本でも普及が見込まれます。
助成金を出す自治体も多いため、確認してみましょう

【防犯透明フィルム】
175μ A3 8枚セット
アウトレット品

住宅への不正進入の手段で最も多い手段、
それが、ガラス破り、窓破りです。
ピッキングや無戸締りなどと比べ、ガラス破りの割合は60%以上というデータもあります。
そんなガラス対策に有効なのが防犯フィルムです。
防犯対策以外に、防災対策として、ガラス破片の散らばりも抑える効果があります

リフォーム見積もり

HOME PLAZAのリフォームサイト。
会員登録して様々な信頼できるリフォーム会社の情報を収集しましょう。

火災保険一括見積

火災保険の一括申し込み比較サイト。
火災保険の保険料も保険会社によりまちまち。
しっかり比較して選びましょう。

ブランド食器
【ル・ノーブル】

ウェッジウッドやエルメスなど海外のブランド食器類を扱うル・ノーブルのサイト。
ハイセンスで上品な食器類をたくさん扱っています。
ルクルーゼの鍋やフロッシュの洗剤などキッチン類の商品も多数揃っています


■資金計画
 ┣ 予算と諸費用
 ┗ 住宅ローンの基本
■最新金利と金融機関
 ┣ 【最新】住宅ローン金利
 ┣ フラット35
 ┣ フラット35S、フラット50
 ┣ ネット専業金融機関
 ┗ 金利の決まり方と今後の金利動向
■住宅取得と税金
 ┣ 消費税/印紙税
 ┣ 登録免許税
 ┣ 不動産取得税
 ┣ 固定資産税
 ┗ 贈与税

フラット35とは

フラット35のしくみ

 かつて国からの融資として住宅金融公庫からの住宅ローンが大多数の人に利用されていました。
しかし特殊法人整理合理化計画のため、平成19年3月末をもって廃止され、「住宅金融支援機構」となりました。

名前の通り、「住宅金融=住宅ローン」を支援する機構です。
どのように支援するかというと、
民間金融機関と提携して利用者に融資した住宅ローン債権を、住宅金融支援機構が買い取ります。
そうすることで、民間金融機関は貸し倒れや長期間固定にする際のリスクを回避することができるため、金利や保証料を安くすることができます。
つまり、民間金融機関が融資する住宅ローンのリスクを住宅金融支援機構が肩代わりしてくれているようなものです。
このようにして民間金融機関から融資される住宅ローンを「フラット35」と呼び、
平成15年10月から開始されて以来、多くの人に利用されています。

住宅金融支援機構が買い取った住宅ローン債権は証券化されて市場に出回り、投資家に買い取ってもらった資金を回収するシステムになっています。

フラット35の特徴

フラット35の特徴

 フラット35は前述の通り、公的な機関である「住宅金融支援機構」から借り入れるのではなく、民間の都市銀行、地方銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合、ノンバンク、保険会社で取り扱われています。
金融機関ごとに金利や手数料は異なりますが、借入条件がどこも同じです。

■特徴1 年収が低い人でも借り入れ額が多い(返済負担率が低い)
 フラット35に限らず、住宅ローンは年収により借り入れ可能な額が変わってきます。
フラット35の場合、他の金融機関と比べても年収に対する借り入れ可能額が多めとなっています。
詳細は以下の通りです。


【年収による総返済負担率】

年収(万円) 200 300 400 500 600 700 800
フラット35 30% 35%
他の金融機関の例 25% 30% 35% 40%

■特徴2 頭金が少ない人でも多くの融資が受けられる
 一般的に、金融機関から借りられる融資は購入住宅の価格の80%ぐらいと言われています。
しかし、フラット35では住宅価格の90%まで借り入れ可能です。

■特徴3 融資限度額は最大8000万円まで

■特徴4 全期間固定
 名前に35が付きますが、必ず35年間ではなく、15年以上35年以内となっています。

■特徴5 金利が適用されるのは、「申込み時点」ではなく、「融資実行時」

■特徴6 買取型と保障型がある
 通常のフラット35は「買取型」にあたります。
これに加え、保証型は最近誕生した商品で、まだ取り扱い金融機関は少ないのが現状です。

■特徴7 優良住宅なら金利が下がる
 優良住宅と認定されれば、フラット35Sが利用できます。
 これにより、最初の5年間、0.3%の金利優遇を受けることができます。

■特徴8 住宅金融支援機構と協定した検査機関による審査に合格する必要がある
 フラット35の融資をしてもらえる条件に、住宅金融支援機構と協定した検査機関による物件の検査を実施してもらい、合格したことを証明する「適合証明書」を添付する必要があります。

■特徴9 完済時の年齢は80歳未満
 つまり高年齢で借り入れしようとした場合は80歳までに返済が終了できる借り入れ期間を設定する必要があります。

■特徴10 繰り上げ返済手数料が無料

モーゲージバンクとは

モーゲージバンクとは

 モーゲージバンクとは預金機能を持たない住宅金融専門の会社のことです。
フラット35を主に扱っており、金利も他の大手金融機関より低水準に抑えられているため、人気があります。
各地域の地方銀行や信用金庫、信用組合でも最低水準の金利のところがありますが、
全国展開しているのは、インターネット中心に活動の幅を広げている
SBIモーゲージ楽天銀行(旧楽天モーゲージ) が代表的です。

モーゲージバンク間で金利は同じでも手数料に違いがあります。
楽天銀行は1.365%、SBIモーゲージは2.100%です。

そのうち、フラット35の取り扱い件数はSBIモーゲージが圧倒的に多くなります。
事務手数料の安さから、楽天銀行が魅力的です。

楽天銀行では、住宅ローンの返済口座を楽天銀行に指定すると、
事務手数料が1.365%から1.05%になり、さらにお得です。








▲このページのトップへ

こだわりマイホームTOP >  【最新】住宅ローン金利 > フラット35