こだわり マイホーム

商品リンク
資料請求・比較

防犯・防災のTSSP.jp ハウスクリーニング比較.com 住信SBIネット銀行
リクルート「SUUMO」 ハウスクリーニング比較.com 楽天銀行・住宅ローン

民間ローンのうち、最も金利の低いネット専業金融機関の最新金利とオススメ金融機関を紹介

こだわりマイホームTOP >  【最新】住宅ローン金利 >  ネット専業金融機関

住宅ローン金利

最新情報  ●建築記録
健康住宅  ●省エネ住宅
ロハス  ●カントリー

open

■Money・ローン

open

■マイホームの基本

open

■キッチン選び・メーカー

配置 ●サイズ素材
国内1  ●国内2
輸入  ●オーダー
ガスコンロ  ●食洗機
IH  ●フード  ●水栓

open

■住宅建材

屋根  ●外壁
床材  ●ドア

用語集

【家具転倒防止装置】
2本セット 取り付け簡単

近年、震度6前後の地震が頻発しています。
住宅の耐震化でも防ぎきれない食器類、本などの転倒による被害も多い中、個人でできる地震対策として最も手軽で有効な地震対策がこれでしょう。
東海大地震へ備え、静岡県での耐震グッズの普及率が高かったため、震度6の大地震でも被害が少なかったという事例もあります

住宅ローン一括審査申込

イッカツの住宅ローン一括審査申込サービス
複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトです。

火災保険の一括見積もり

火災保険一括見積もり依頼サイト

イッカツの火災保険一括見積もり依頼サイト
一度の入力で、10社以上の保険会社の中から、最適な保険を選べます。
見直し・比較をすることで、同様の保険料で補償内容が充実したり
不要な補償を外すことで保険料を大幅に減らすことも可能です。

ライフスタイルショップ
【アンジェ】

楽天市場「Shop of the Year」で9年連続インテリア部門No.1に選ばれた人気ショップ!
この店にしかない可愛くて個性的な商品を扱っているだけでなく、
低価格で販売されている点が人気の理由です

ブランド食器
【ル・ノーブル】

ウェッジウッドやエルメスなど海外のブランド食器類を扱うル・ノーブルのサイト。
ハイセンスで上品な食器類をたくさん扱っています。
ルクルーゼの鍋やフロッシュの洗剤などキッチン類の商品も多数揃っています


■資金計画
 ┣ 予算と諸費用
 ┗ 住宅ローンの基本
■最新金利と金融機関
 ┣ 【最新】住宅ローン金利
 ┣ フラット35
 ┣ フラット35S、フラット50
 ┣ ネット専業金融機関
 ┗ 金利の決まり方と今後の動向
■住宅取得と税金
 ┣ 消費税/印紙税
 ┣ 登録免許税
 ┣ 不動産取得税
 ┣ 固定資産税
 ┗ 贈与税

ネット専業金融機関

オススメ!ネット専業金融機関

■ネット専門にしている金融機関は魅力的
 今や、医療保険や株取引、預金金利など、なんでもネットを専業としている金融機関は強みがあります。
保険加入や株取引では、昔は窓口による対面でのやり取りが一般的でした。
住宅ローンの手続きも同じです。

でもいまや、
 「迅速に取引できる」「手軽で簡単に手続きできる」、
 「比較がしやすい」「手数料などの費用が安い」

いろんな面で、対面でのやり取りよりネットでの手続きの方が好まれています。
好まれるのは以下の理由があるからでしょう。

 「迅速に取引できる」「手軽で簡単に手続きできる」
  ⇒来店する手間が省ける。
   分からないことはネットで手軽に調べられる。

 「比較がしやすい」「手数料などの費用が安い」
  ⇒自分にとって最も有利な企業を選別できる。
   企業側は人件費という大きなコストを省けるため、手数料を下げられる。

預金金利をみても、銀行最大手の三菱東京UFJと、ここで紹介する住信SBIネット銀行では、普通預金や定期預金の金利差が10〜100倍あります。
これらは住宅ローンにおいても同じことがいえます。

ネット専業金融機関は窓口取引を極力減らし、インターネットにより手続きを済ませるタイプです。
それによりコスト削減を行い、金利もフラット35よりも低い金利に抑えることができています。

最も低い金利設定となっているネット専業金融機関には、
住信SBIネット銀行ソニー銀行があります。
フラット35と同様、保証料や繰り上げ手数料が無料となっています。
ソニー銀行は借入時の審査が厳しい、住信SBIネット銀行は手数料がやや高めというマイナス面もありますが、フラットとの比較対象にしてみてはいかがでしょうか。

■ソニー銀行

 ソニー銀行を例にネット専業金融機関の取引について見てみましょう。
特徴は来店不要でローンが組める点です。
他の大手金融機関でローンを組む際は何度か来店して多くの書類のやり取りをしなくてはなりません。
これをネットと郵送などで来店の手間をお互いが省いています。
対面での相談が無い点をどのように思うかがソニー銀行を選ぶ際の大きなポイントの一つといえます。

  • 忙しい人にメリットが大きい
     ⇒銀行営業時間に縛られず、夜遅くにネットを介して手続きできるため
  • 対面での相談、説明がない分、ある程度の住宅ローンに関する知識が必要
     ⇒知識が無いままやりとりすると、手続きに漏れがあり、時間が余計にかかる場合も
  • 繰り上げ返済が無料で、ネットから夜間でも繰り上げ返済ができる

■取引の流れ

  1. ネットから住宅ローンの仮審査を申し込み
  2. 仮審査の結果通知がソニー銀行から届く
    (合格時はネットから本審査の申込書の郵送依頼を行う)
  3. 郵送にて本審査の申込書が到着
  4. 本審査の申込書に必要事項を記載して以下の資料を合わせて郵送
    • 売買契約書
    • 建築工事請負契約書
    • 不動産登記簿謄本
    • 源泉徴収票
  5. 本審査の結果通知書がソニー銀行から郵送
    (合格の場合、住宅ローン契約書が届く)
  6. 住宅ローン契約書に必要事項を記載し、登記済権利証や火災保険証書を合わせて郵送
  7. 指定した融資実行日に口座へお金が振り込まれる




▲このページのトップへ

こだわりマイホームTOP >  【最新】住宅ローン金利 >  ネット専業金融機関