こだわり マイホーム

商品リンク
資料請求・比較

【不動産サイト】住友不動産販売 【リフォームのコトならリノコ】 ハウスメーカー・工務店の資料一括請求!
【生ごみリサイクラー】生ゴミ処理機 東急ハンズの【ハンズネット】 【Book】憧れの輸入住宅を建てる

これから住宅を購入しマイホームを予定している人への、住む場所選びのポイントを紹介

こだわりマイホームTOP > 新居場所の選び方

新居場所の選び方

最新情報  ●建築記録
健康住宅  ●省エネ住宅
ロハス  ●カントリー

open

■Money・ローン

open

■マイホームの基本

open

■キッチン選び・メーカー

配置 ●サイズ素材
国内1  ●国内2
輸入  ●オーダー
ガスコンロ  ●食洗機
IH  ●フード  ●水栓

open

■住宅建材

屋根  ●外壁
床材  ●ドア

用語集



【ALSOK】綜合警備保障

セコムと並ぶ、ホームセキュリティーの大手。
本格的なホームセキュリティの導入を検討するなら、セコムとALSOKを比較することをオススメします。

住友不動産販売

大手住宅販売業者、住友不動産販売のサイト。
全国にある直営200店舗以上の営業ネットワークを持ち、
戸建、マンション、土地の取り扱いが豊富です

住信SBIネット銀行

住友信託銀行とSBI銀行によるネット専業の銀行。
住宅ローンに強い銀行で、金利の低さも常に1、2位を争います。
ネット専業特有の手数料の安さも売りでオススメできます

セキスイハイム

大手住宅メーカー、セキスイハイムのサイト。
「家づくりヒント」というカタログが無料請求でき、
家づくりの様々な情報が満載で、役立ちます。

【圧力鍋】
楽天レビュー300件以上!大人気 売れ筋商品

圧力鍋は、少ないエネルギーで芯まで火の通った料理ができます。
IHかガスを悩むより、圧力鍋を採用した方が断然、省エネで美味しく作れます。
掲載商品は、最新の3つの特殊安全装置付きで、初心者にも安心!

【Book】憧れの輸入住宅を建てる

輸入住宅に関する本。
海外の建物作り、輸入商品や設備など、
国内での家探しでは得にくい情報が満載です
海外製はなんといってもデザイン性が◎!

eキッチン収納.com

大量収納・省スペースをコンセプトとするキッチン収納家具の専門店。
鮮やかな色使いの「カラフル」
鏡面とアルミのスタイリッシュな組み合わせの「アルミ鏡面」
など色んなシリーズが選べます。


■家探しの基本
 ┣ 土地選びと地価
 ┣ 住まいの選び方
 ┣ 業者の取引様態と広告の見方
 ┣ 建物の構造と工法(木造軸組と2×4)
 ┗ 建物の構造と工法(鉄骨と鉄筋コンクリート)

新居場所の選び方・考え方

■新居場所の選び方・考え方

 新しく新居を構えるための、場所選びについてご紹介します。
人それぞれ、住む場所を決断するには、何らかの理由があります。
「会社に近いから」、「その街に慣れているから」・・・など。
しかし、マイホームの条件として本当にそれでいいのか改めて考え直してみましょう。
賃貸とは違い、長い間住み続けることになります。
現時点の短期的な思いだけで場所選びをしてしまっては後々後悔が残ります。
場所選びでこだわるべきポイントについて、以下に主な例をあげます。

★場所選びのポイント
 1.子育て環境(介護環境)
 2.通勤・通学の利便性
 3.外出(娯楽、レジャー)時の交通の利便性
 4.騒音・悪臭・大気汚染の有無
 5.安全性・防犯
★駅まで徒歩〜分
 場所を決める際、交通の利便性は重要な要素になります。
駅までの最低限の時間を目安に決めている方も多いかと思います。
不動産の広告表示では、徒歩1分あたり、80mと決められています。
よって、駅まで12分で960m。 約1kmということになります。
これには坂道や信号などの障害物は含まれていないので、
そこも考慮に入れた上で目安としてください。

■自分達の利便性だけを考えない場所選び

 上記以外にも様々な条件があり、重要度をつけて総合的に考える必要があります。
中でも必ず重視して考えていくべきことが、”子育て・介護環境”です。
新居で生活するのは住宅を購入した私達だけではありません。
自分の子供や、場合によっては両親を介護する為に一緒に住むケースもあり得るでしょう。
自分達もいずれ老人としてその家に住み続けることにもなります。
そのような現時点の自分達より、自由に生活できない子供、お年寄りの立場に立った住居場所選びが重要になります。
子供や老人に私達がして欲しいことを指示しても一人でできることは限られています。
私達がサポートしてあげなければならないことも多々あります。
つまり、私達にとっても子育て・介護環境を重視することは大きなメリットとなります。
まだ子供、介護が必要な相手がいない方は自分達の利便性だけ考えず、その点を重視してください。

★育児、介護環境選びのポイント
 1.両親の実家の近く
 2.介護・福祉施設の近く
 3.医療機関の近く
 4.自治体の支援(補助金の有無など)
 5.街並み(公園、坂道の有無など)


▲このページのトップへ

こだわりマイホームTOP > 新居場所の選び方