こだわり マイホーム 商品リンク 資料請求・比較
物件検索 Goodリフォーム ハウスメーカー選び 引越し見積り ハウジングナビ unicube オール電化
こだわりマイホームTOP > 用語集







不動産、住宅関連用語

フラット35
フラット35とは住宅金融支援機構がバックアップしている、民間金融機関の長期固定金利の住宅ローン商品のことです。
全期間固定(15〜35年)、保証料や繰上げ返済手数料が無料であることから人気の高い商品となっています。
【特徴】
  • 返済負担率が他の住宅ローン商品と比べて低い
    (年収が少ない人も多く借り入れできる)

     ⇒年収400万円まで返済負担率30%、それ以上の年収は35%
  • 頭金が少ない人でも多くの融資が受けられる
     =住宅価格の90%まで借り入れ可能
  • 融資限度額は最大8000万円まで
  • 全期間固定(15年以上35年以内の間)
  • 金利が適用されるのは、「申込み時点」ではなく、「融資実行時」
  • 買取型と保障型の2タイプある
  • 優良住宅なら金利が下がる(フラット35S)
  • 住宅金融支援機構と協定した検査機関による審査に合格する必要がある
  • 完済時の年齢は80歳未満
  • 繰り上げ返済手数料が無料

フラット35には買取型と保証型の2種類があり、以下の特徴となっています。

【買取型】
従来からあるタイプ。
民間金融機関が顧客に融資した住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取り、
買い取った住宅ローンを担保とした債券を発行して、市場(投資家)から資金を調達します。
金利・事務手数料は金融機関ごとに異なりますが、その他借り入れ条件はどの金融機関も同じ内容になっています。

【保証型】
最近開始されたタイプ。
金融機関が提供する住宅ローンに対して住宅金融支援機構が保険を引き受けます。
金利・事務手数料以外の他、団体信用保険、繰上返済手数料、繰上返済最低額、保証料なども金融機関が独自に設定できます。
買取型よりもお得になる場合がありますが、取り扱っている金融機関は非常に少ないのが現状です。



< 用語集へ戻る


■関連サイト

■関連用語





こだわりマイホームTOP > 用語集 ▲このページのトップへ
  Copyright(C) 2009 sayacafe All Rights Reserved.