体験記と比較

スマートフォン高額買取 LINEモバイル 【DMMモバイル】
新車見積もりオートックワン 【引越し比較】e-ひっこし 携帯格安購入

iPhoneとアンドロイドなどその他スマートフォンのOSや機能、アプリなどの違いと特徴について徹底比較

携帯・スマホの料金比較と節約 > iPhoneと他のスマートフォンの違い1(特徴)

iPhone
スマートフォン比較

ヤフオク出品代行トゥービィー

ヤフオク公認のオークション出品代行店。
2017年1月から業界初の代行手数料0円〜が始まり、業界最安値の手数料となります。
商品検品・商品採寸・商品撮影・商品コメント作成・出品・質問への回答・落札後の処理・発送上記全てを代行致します。
(万が一の時のクレーム対応も含みます)

携帯・スマホ・タブレット通販の電脳プラザ

新古と中古の携帯・スマホ・タブレットなどを豊富に取り揃えるモバイル家電販売サイト。
携帯ショップで売られているスマホやガラケーよりも安く購入でき、
ヤフオクなどの個人間売買が心配なユーザーに広く支持を得ております。

最速・最安!ウルトラWi-Fi

SoftBank ポケットWiFi「ULTRA WiFi」
●最大10,000円の「キャッシュバック」
●最安(月額3,880円)×最速(下り最大42Mbps)

【DMMモバイル】

格安スマホを選ぶならDMMモバイル
スマホのご利用料金が月額440円(税抜)から。

中古携帯買い取り

中古携帯・中古PHSの買取サイト。
NTTドコモ、au、ソフトバンク、WILLCOMの使わなくなった中古携帯・中古PHS(通称:白ロム)を高額買取!
もう古いと思っていても、意外といい値段になる場合もあります。

中古車買取実績No.1ガリバー

車買い取り専門店、実績No.1のお店、
ガリバーのサイト。
高値査定の評判が高いだけでなく、対応の評判も高いためオススメです。

無料で愛車査定
carview

無料で愛車の一括査定を依頼できるカービューのサイト。
私もお世話になった、有名で安心できるサイトです。
最大8社の見積り比較が行えます。
比較する会社は全て有名で実績の高い会社ばかりでオススメです。


iPhoneと他のスマートフォンの違い1(特徴)

iPhoneと他のスマートフォンの違い(全般)

■OS
 スマートフォンは、採用しているOSの違いにより大きく2つに分けることができます。
(OSとはパソコンでいうWindowsやMacのようなもので、スマートフォン独自のOSがあります)
一つがアップルが開発するiOSを採用しているスマートフォン(=iPhone)。
もう一つがGoogleが開発したアンドロイドを採用しているスマートフォン。
アンドロイドOSは、一般に公開されて誰でもOSの機能を確認したり変更したりできます。
(Linuxなどのオープンソースといわれるものです)
それに対し、iOSはアップル社が開発し、他に公開されていません。
パソコンでいうと、Windowsを手掛けるマイクロソフトと同じような形態をとっています。
現時点でどちらがよいということはなく、今後のアップル社やGoogle社の開発力に委ねられているという感じです。

■機器の製造会社
 アンドロイドOSは一般に無償公開されているがゆえ、色んなメーカーがアンドロイドOSを採用してスマートフォンを製造できます。
そのため、アンドロイドOSを採用したスマートフォンは多種多様です。
それに対し、iOSはアップル社のみが開発しているため、iOSを採用したスマートフォンはアップル社のみとなります。(それがiPhoneです)

※ここで、iPhoneを提供するソフトバンクやauは、iPhoneを製造しているわけではありません。
 アップル社の代わりにiPhoneを販売している販売代理店になります。

iPhoneは1種類だけですが、その1種類のiPhoneが多くの世界で利用されています。
そのため、iPhone専用のアクセサリーや周辺機器もメーカーが製造しやすくなり、豊富に提供されているというメリットもあります。

■販売キャリア
 新規にiPhoneを販売するには、iPhoneを製造するアップル社と提携してからとなります。
現在、iPhoneと提携しているのが、ソフトバンクとauの2社のみで、その他のキャリアはiPhoneの販売ができません。
それに対し、アンドロイドのスマートフォンはどのキャリアからも販売されています。

■アプリの提供
 スマートフォンではアプリをダウンロードして機能を拡張していくものです。
アンドロイドOSを採用したスマートフォンは主に、Androidマーケットからアプリをダウンロードします。
一方、iPhoneはApp Storeからのみダウンロードできます。

違いとして、アンドロイド用のアプリは誰でも作成して提供することができます。
それに対し、iPhone用のアプリはApp Storeというアップル社が管理するストアで審査を得て、合格したアプリだけが提供されます。
そのため、iPhone用のアプリはある程度の品質が確保されています。
一方、アンドロイド用のアプリは、だれでも作成できることからウィルスを仕込んだアプリなども出回る確率が高く、セキュリティ面では弱いという欠点もあります。

 ※なお、iPhoneの脱獄により自由にアプリを使うこともできます。
  > 【裏ワザ】脱獄でiPhoneが自由自在に



■iPhoneと他のスマートフォンの違い
- iPhone 他のスマートフォン
OS(基本ソフト) iOS アンドロイド
OSの開発会社 アップル社 グーグル社
製造会社 アップル社のみ 多数の企業が参入
販売会社 ソフトバンクとauのみ どのキャリアでも可
機器の機種 iPhone1種類のみ 種類が多様
アプリの提供 App Storeのみ Androidマーケット他、複数
アプリの作成 審査に合格したもののみ 誰でも提供できる
セキュリティ 高い 低い



> 携帯料金プラン比較と節約TOP へ





▲このページのトップへ

携帯・スマホの料金比較と節約 > iPhoneと他のスマートフォンの違い