体験記と比較

携帯格安購入 スマートフォン高額買取 最速・最安!ウルトラWiFiのお申込
ソニーストア ローコストで広い家! マンション比較のマンションDB

iPhoneとアンドロイドなどその他スマートフォンの機種代金、実質支払額、パケット定額代金など費用を徹底比較

携帯・スマホの料金比較と節約 > iPhoneと他のスマートフォンの違い2(価格・料金)

iPhone
スマートフォン比較

クロックス公式オンラインショップ

クロックス オンラインショップ

クロックスのオンラインショップ
種類もカラーもお店とは違い、すべて確認できるから、オンラインショップの方がオススメ!

携帯からPCサイトを見る

普通のケータイでスマホのようにPCサイト閲覧ができる【jigブラウザ】
レイアウトもそのままにサクサク高速で表示されるので普通のケータイからでもスマホのように快適なインターネットライフが実現できます!
パケット定額プラン対応で通信料も安心です。

iTunes-iPhoneApp

 iTunes Store(Japan)

iPhone、iPad、iPodでおなじみ、iTunesストアのサイト。

イー・モバイル×100円パソコン【1円から!】

今話題!家電量販店などでよく見かける100円でPCが購入できるサービス。
イーモバイルのデータ通信カードとセットが条件です。
料金はPCセット月額料金なんと2,900円から!
これで家の外でもネット接続できます

ソフトバンク携帯のキャッシュバック

ソフトバンク携帯の格安販売サイト【おとくケータイ.net】。
ネットならではの価格で購入で安く購入できます。

iPhoneケース,カバー専門店

こだわりのiPhoneケースやカバーの専門店
【こだわり雑貨屋アイフォーン】
他と違う個性的なケースが売っています。

Yahoo!オークション

一般の量販店、価格.comや楽天などどこと比較しても一番安く変えることの多いヤフオク!
上手に使って節約をしましょう。

「保険市場」
保険比較サイト

保険の一括資料請求が行えるサイト。
サイトも充実しており、保険サービス全般において優秀なサイトです。
パンフレットの資料請求はあくまで参考程度に!
一番オススメは保険相談になります。

SoftBank SELECTION

ソフトバンクBBによる公式サイト。
SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)では、iPhone・Bluetooth対応携帯アクセサリーの他、各種携帯アクセサリーを多数取りそろえています。


iPhoneと他のスマートフォンの比較2

iPhoneと他のスマートフォンの価格・料金比較

 iPhoneと他のスマートフォンについて、タッチパネルで操作したり、アプリをダウンロードして使用するなど、基本的なつくりは同じです。
それにもかかわらず、価格体系はiPhoneとその他のスマートフォンで二分されており、
iPhoneの方が安い!という特徴があります。
これがiPhoneが普及する大きな要因の一つとなります。


■機種代金
iPhoneの機種代金は以下のようになります。


■iPhone4sの機種代金
- ソフトバンク au
容量 16GB 32GB 64GB 16GB 32GB 64GB
機種代金 46,080円 57,600円 67,200円 51,360円 61,680円 72,000円
毎月支払 1920円 2400円 2800円 2140円 2570円 3000円

一方で、アンドロイド系など、その他のスマートフォンの価格は5万円〜6万円台が多く、
最新の人気機種では8万円を超えるものもあります。
ただ、これだけではiPhoneが安い!とあまり実感できませんね。
次を見てみましょう。


■実質支払額
 iPhoneもアンドロイドのスマートフォンも、機種代金を支払う際は24か月(2年)の分割払いで支払うケースが一般的です。
分割払いの支払期間中は、機種代金の値段によって、各メーカーで下記の割引サービスが提供されます。

  • ソフトバンク=「月月割
  • ドコモ=「月月サポート
  • au=「毎月割

機種代金の分割払いと上記割引サービスの差額が実質支払額となります。

「機種代金」 − 「割引サービス」 = 実際の支払額

iPhoneでは、機種代金の分割払いと同じ値段を割引サービスで差し引いてくれる、
いわるゆ「実質無料」というのがあります。

それと比べて、
他のスマートフォンは月々1500〜2500円(年間2万円〜4万円)支払う
のが一般的な相場です。


■通信料金(パケット料金)
 iPhoneとアンドロイドの最も大きな違いが通信料金になります。
スマートフォンはこれまでの携帯電話と異なり、多くのパケットが発生します。
そのため、パケット定額サービスに加入するのが一般的です。
そのパケット定額サービスが、iPhone用とその他スマートフォンで異なっています。

一般的なスマートフォンのパケット定額サービスは上限5,460円
に設定されています。
それに対し、iPhoneは上限4,410円と、
1,000円ほど安く設定されています。

年間にして1万円以上の違い! 
この差がiPhone普及の大きな要因の一つにもなります。


■通話料
 通話料金には、iPhoneだから安い、他のスマートフォンの方が安いというのはありません。
加入する料金プランによります。
ソフトバンクiPhoneはホワイトプランが一般的で、無料通話分がありませんが、ソフトバンク間の通話が1時〜21時まで無料となります。
auのiPhoneもプランZシンプルではホワイトプランと同様ですが、プランSSシンプルなどにすると無料通話1050円〜が付きます。(その代わり、同じキャリア間の通話は無料にはなりません。)


■iPhone4s(ソフトバンク)とGALAXY SU(ドコモ)の比較の例
- iPhone4s 16GB
(ソフトバンク)
他のスマートフォン
(例:ドコモ GALAXY S U)
基本料金 980円 (ホワイトプラン) 980円 (タイプSSバリュー)
ウェブ利用料 315円 315円
パケット定額サービス 4,410円 5,460円
機器代(月額) 1,920円 2,352円
機器代の割引 - 1,920円 (月月割) - 882円 (月々サポート)
月々の支払 5,705円〜 8,225円〜




> 携帯料金プラン比較と節約TOP へ





▲このページのトップへ

携帯・スマホの料金比較と節約 > iPhoneと他のスマートフォンの違い2(料金・価格)