体験記と比較

最速・最安!ウルトラWiFiのお申込 AppBank StoreLINEモバイル
マイクロファイバーハンディモップ 【商品】家具転倒防止装置 大人気の保険相談サイト〜保険マンモス

iPhoneとアンドロイドなどその他スマートフォンの機種代金、実質支払額、パケット定額代金など費用を徹底比較

携帯・スマホの料金比較と節約 > iPhoneと他のスマートフォンの違い2(価格・料金)

iPhone
スマートフォン比較

クロックス公式オンラインショップ

クロックス オンラインショップ

クロックスのオンラインショップ
種類もカラーもお店とは違い、すべて確認できるから、オンラインショップの方がオススメ!

最速・最安!ウルトラWi-Fi

SoftBank ポケットWiFi「ULTRA WiFi」
●最大10,000円の「キャッシュバック」
●最安(月額3,880円)×最速(下り最大42Mbps)

AppBank Store

AppBank Store

iPhone、iPad、iPodでおなじみ、AppBank Storeのサイト。

iTunes-iPhoneApp

 iTunes Store(Japan)

iPhone、iPad、iPodでおなじみ、iTunesストアのサイト。

LINEモバイル

LINEモバイルのサイト。
docomo回線と同じエリアに対応。日本全国で繋がるので安心です。
特定のサービスの通信量をカウントしない「カウントフリー」や、LINEにトーク上でデータ残量を確認したり、LINEの友達にデータプレゼントすることも可能です。

【DMMモバイル】

格安スマホを選ぶならDMMモバイル
スマホのご利用料金が月額440円(税抜)から。

【圧力鍋】
楽天レビュー300件以上!大人気 売れ筋商品

圧力鍋は、少ないエネルギーで芯まで火の通った料理ができます。
IHかガスを悩むより、圧力鍋を採用した方が断然、省エネで美味しく作れます。
掲載商品は、最新の3つの特殊安全装置付きで、初心者にも安心!

セキスイハイム

大手住宅メーカー、セキスイハイムのサイト。
「家づくりヒント」というカタログが無料請求でき、
家づくりの様々な情報が満載で、役立ちます。

世界最大のネット通販サイト、amazon.comのキッチンと雑貨のサイト。
様々な商品を格安で手にいれることが出来ます。
ルクルーゼなど、キッチン関連の商品も最安値で販売されていることも多いサイトです


iPhoneと他のスマートフォンの比較2

iPhoneと他のスマートフォンの価格・料金比較

 iPhoneと他のスマートフォンについて、タッチパネルで操作したり、アプリをダウンロードして使用するなど、基本的なつくりは同じです。
それにもかかわらず、価格体系はiPhoneとその他のスマートフォンで二分されており、
iPhoneの方が安い!という特徴があります。
これがiPhoneが普及する大きな要因の一つとなります。


■機種代金
iPhoneの機種代金は以下のようになります。


■iPhone4sの機種代金
- ソフトバンク au
容量 16GB 32GB 64GB 16GB 32GB 64GB
機種代金 46,080円 57,600円 67,200円 51,360円 61,680円 72,000円
毎月支払 1920円 2400円 2800円 2140円 2570円 3000円

一方で、アンドロイド系など、その他のスマートフォンの価格は5万円〜6万円台が多く、
最新の人気機種では8万円を超えるものもあります。
ただ、これだけではiPhoneが安い!とあまり実感できませんね。
次を見てみましょう。


■実質支払額
 iPhoneもアンドロイドのスマートフォンも、機種代金を支払う際は24か月(2年)の分割払いで支払うケースが一般的です。
分割払いの支払期間中は、機種代金の値段によって、各メーカーで下記の割引サービスが提供されます。

  • ソフトバンク=「月月割
  • ドコモ=「月月サポート
  • au=「毎月割

機種代金の分割払いと上記割引サービスの差額が実質支払額となります。

「機種代金」 − 「割引サービス」 = 実際の支払額

iPhoneでは、機種代金の分割払いと同じ値段を割引サービスで差し引いてくれる、
いわるゆ「実質無料」というのがあります。

それと比べて、
他のスマートフォンは月々1500〜2500円(年間2万円〜4万円)支払う
のが一般的な相場です。


■通信料金(パケット料金)
 iPhoneとアンドロイドの最も大きな違いが通信料金になります。
スマートフォンはこれまでの携帯電話と異なり、多くのパケットが発生します。
そのため、パケット定額サービスに加入するのが一般的です。
そのパケット定額サービスが、iPhone用とその他スマートフォンで異なっています。

一般的なスマートフォンのパケット定額サービスは上限5,460円
に設定されています。
それに対し、iPhoneは上限4,410円と、
1,000円ほど安く設定されています。

年間にして1万円以上の違い! 
この差がiPhone普及の大きな要因の一つにもなります。


■通話料
 通話料金には、iPhoneだから安い、他のスマートフォンの方が安いというのはありません。
加入する料金プランによります。
ソフトバンクiPhoneはホワイトプランが一般的で、無料通話分がありませんが、ソフトバンク間の通話が1時〜21時まで無料となります。
auのiPhoneもプランZシンプルではホワイトプランと同様ですが、プランSSシンプルなどにすると無料通話1050円〜が付きます。(その代わり、同じキャリア間の通話は無料にはなりません。)


■iPhone4s(ソフトバンク)とGALAXY SU(ドコモ)の比較の例
- iPhone4s 16GB
(ソフトバンク)
他のスマートフォン
(例:ドコモ GALAXY S U)
基本料金 980円 (ホワイトプラン) 980円 (タイプSSバリュー)
ウェブ利用料 315円 315円
パケット定額サービス 4,410円 5,460円
機器代(月額) 1,920円 2,352円
機器代の割引 - 1,920円 (月月割) - 882円 (月々サポート)
月々の支払 5,705円〜 8,225円〜




> 携帯料金プラン比較と節約TOP へ





▲このページのトップへ

携帯・スマホの料金比較と節約 > iPhoneと他のスマートフォンの違い2(料金・価格)