体験記と比較

AppBank Store楽天モバイルのスマホ mineo(マイネオ)スマホ
モバイルWi-Fiルーターならワイモバイル セキュリティグッズ 【無印良品ネットストア】

iPhoneとアンドロイドなどその他スマートフォンの機種代金、実質支払額、パケット定額代金など費用を徹底比較

携帯・スマホの料金比較と節約 > iPhoneと他のスマートフォンの違い2(価格・料金)

iPhone
スマートフォン比較

exciteクーポン

今一番オススメのクーポンサイト、【エキサイトクーポン】
定期的に、先着で絶対もらえるキャンペーンが実施され、お得です!
例えばビールや500mlのペットボトルなど、タダでお得にGetできます!

白ロム専門店
携帯格安購入

白ロム専門店のサイト。
ネットで手軽に格安の携帯端末を購入できます。
1万円以下で買える端末も多数掲載中!

携帯・スマホ・タブレット通販の電脳プラザ

新古と中古の携帯・スマホ・タブレットなどを豊富に取り揃えるモバイル家電販売サイト。
携帯ショップで売られているスマホやガラケーよりも安く購入でき、
ヤフオクなどの個人間売買が心配なユーザーに広く支持を得ております。

AppBank Store

AppBank Store

iPhone、iPad、iPodでおなじみ、AppBank Storeのサイト。

楽天モバイルのスマホ

楽天モバイル
番号乗り換えも可能
つながりやすさ、スピードはドコモと同じ
選べる4つの料金プラン
楽天グループのアプリを使えば通話やメッセージが無料に!

mineo(マイネオ)スマホ

月々756円(税込)からスマホが使える【mineo(マイネオ)】
シングルタイプ1GBコース月額基本料金相当額864円(税込)がなんと3カ月間0円に!
mineoならあなたのスマホのままで使える!
データ容量は500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBをご用意!

JAF会員に入会

【防犯透明フィルム】
175μ A3 8枚セット
アウトレット品

住宅への不正進入の手段で最も多い手段、
それが、ガラス破り、窓破りです。
ピッキングや無戸締りなどと比べ、ガラス破りの割合は60%以上というデータもあります。
そんなガラス対策に有効なのが防犯フィルムです。
防犯対策以外に、防災対策として、ガラス破片の散らばりも抑える効果があります

アーノッツ ティムタム オリジナル 11枚

オーストラリアのスイーツ人気No.1、ティムタムです。
濃厚な甘さで、種類も豊富。
両端を少し食べて、コーヒーやココアにつけて、ストローのように少しだけ吸うと、トロトロのティムタムに!!
これが病みつきになり、食べるのを止められませんでした(^^)


iPhoneと他のスマートフォンの比較2

iPhoneと他のスマートフォンの価格・料金比較

 iPhoneと他のスマートフォンについて、タッチパネルで操作したり、アプリをダウンロードして使用するなど、基本的なつくりは同じです。
それにもかかわらず、価格体系はiPhoneとその他のスマートフォンで二分されており、
iPhoneの方が安い!という特徴があります。
これがiPhoneが普及する大きな要因の一つとなります。


■機種代金
iPhoneの機種代金は以下のようになります。


■iPhone4sの機種代金
- ソフトバンク au
容量 16GB 32GB 64GB 16GB 32GB 64GB
機種代金 46,080円 57,600円 67,200円 51,360円 61,680円 72,000円
毎月支払 1920円 2400円 2800円 2140円 2570円 3000円

一方で、アンドロイド系など、その他のスマートフォンの価格は5万円〜6万円台が多く、
最新の人気機種では8万円を超えるものもあります。
ただ、これだけではiPhoneが安い!とあまり実感できませんね。
次を見てみましょう。


■実質支払額
 iPhoneもアンドロイドのスマートフォンも、機種代金を支払う際は24か月(2年)の分割払いで支払うケースが一般的です。
分割払いの支払期間中は、機種代金の値段によって、各メーカーで下記の割引サービスが提供されます。

  • ソフトバンク=「月月割
  • ドコモ=「月月サポート
  • au=「毎月割

機種代金の分割払いと上記割引サービスの差額が実質支払額となります。

「機種代金」 − 「割引サービス」 = 実際の支払額

iPhoneでは、機種代金の分割払いと同じ値段を割引サービスで差し引いてくれる、
いわるゆ「実質無料」というのがあります。

それと比べて、
他のスマートフォンは月々1500〜2500円(年間2万円〜4万円)支払う
のが一般的な相場です。


■通信料金(パケット料金)
 iPhoneとアンドロイドの最も大きな違いが通信料金になります。
スマートフォンはこれまでの携帯電話と異なり、多くのパケットが発生します。
そのため、パケット定額サービスに加入するのが一般的です。
そのパケット定額サービスが、iPhone用とその他スマートフォンで異なっています。

一般的なスマートフォンのパケット定額サービスは上限5,460円
に設定されています。
それに対し、iPhoneは上限4,410円と、
1,000円ほど安く設定されています。

年間にして1万円以上の違い! 
この差がiPhone普及の大きな要因の一つにもなります。


■通話料
 通話料金には、iPhoneだから安い、他のスマートフォンの方が安いというのはありません。
加入する料金プランによります。
ソフトバンクiPhoneはホワイトプランが一般的で、無料通話分がありませんが、ソフトバンク間の通話が1時〜21時まで無料となります。
auのiPhoneもプランZシンプルではホワイトプランと同様ですが、プランSSシンプルなどにすると無料通話1050円〜が付きます。(その代わり、同じキャリア間の通話は無料にはなりません。)


■iPhone4s(ソフトバンク)とGALAXY SU(ドコモ)の比較の例
- iPhone4s 16GB
(ソフトバンク)
他のスマートフォン
(例:ドコモ GALAXY S U)
基本料金 980円 (ホワイトプラン) 980円 (タイプSSバリュー)
ウェブ利用料 315円 315円
パケット定額サービス 4,410円 5,460円
機器代(月額) 1,920円 2,352円
機器代の割引 - 1,920円 (月月割) - 882円 (月々サポート)
月々の支払 5,705円〜 8,225円〜




> 携帯料金プラン比較と節約TOP へ





▲このページのトップへ

携帯・スマホの料金比較と節約 > iPhoneと他のスマートフォンの違い2(料金・価格)