体験記と比較

iTunes-iPhoneAppLINEモバイル 楽天モバイルのスマホ
ソニーストア 当サイトも使用!レンタルサーバのロリポップ 最速・最安!ウルトラWiFiのお申込

携帯からiPhoneへ機種変更して感じる使い勝手の主な違い!iPhone4sではできないことについて紹介

携帯・スマホの料金比較と節約 > iPhoneと他のスマートフォンの違い3(iPhoneではできないこと)

iPhone
スマートフォン比較

レンタルサーバ・ロリポップ

レンタルサーバで一番オススメ!「ロリポップ」
当サイトも利用していますよ!
6か月3000円と安い上、機能や自由度も優れています。
自分のWebページ、アフィリエイトをするならこれしかないね(^^)

携帯・スマホ・タブレット通販の電脳プラザ

新古と中古の携帯・スマホ・タブレットなどを豊富に取り揃えるモバイル家電販売サイト。
携帯ショップで売られているスマホやガラケーよりも安く購入でき、
ヤフオクなどの個人間売買が心配なユーザーに広く支持を得ております。

AppBank Store

AppBank Store

iPhone、iPad、iPodでおなじみ、AppBank Storeのサイト。

LINEモバイル

LINEモバイルのサイト。
docomo回線と同じエリアに対応。日本全国で繋がるので安心です。
特定のサービスの通信量をカウントしない「カウントフリー」や、LINEにトーク上でデータ残量を確認したり、LINEの友達にデータプレゼントすることも可能です。

ソフトバンク携帯のキャッシュバック

ソフトバンク携帯の格安販売サイト【おとくケータイ.net】。
ネットならではの価格で購入で安く購入できます。

e-ひっこし

厳選した良質な大手引越し業者だけが参加する引越見積もりサイト。
日経の新聞やDIMEにも取り上げられた評判もあるサイトです

AppBank Store

AppBank Store

iPhone、iPad、iPodでおなじみ、AppBank Storeのサイト。


iPhone4sではできないこと

iPhoneと他のスマートフォンの違い(iPhone4sでできないこと)

携帯からiPhoneにしてみたものの、使い勝手が違う!
そういう感想をもたれる方も多いのが現状です。
そこで、iPhone購入を検討している人に向けて、iPhone4sにはできないことをまとめました。

■一部の携帯サイトが表示できない(スマホ共通)
 iPhoneに限らず、スマートフォンはパソコンと同等の扱いになり、PCから参照できない携帯サイトは、iPhoneからも参照することができません。
ソフトバンクやauの公式サイトは閲覧できないことが多く、
「勝手サイト」と言われる非公式サイトは閲覧できるものが多くあります。
また、携帯向けの表示にしているため、iPhoneで表示すると小さくて見にくくなることがあります。
これに対しては、無料の携帯サイトビューアーのアプリが数多く提供されており、これによって解消できます。

■Flashが動かない
 アンドロイドOSのスマホなどは表示できますが、iPhoneではFlashが動作しません。
Flashとは、ウェブページを動的に表示させる機能を持っています。
アップル社の方針でFlashを今後も対応する予定はなく、次世代のHTML規格であるHTML5にてカバーする方針となっています。

■おサイフ機能が使えない
 最近のアンドロイド・スマートフォンでは対応している機種が多くなってきていますが、海外ブランドのiPhoneでは日本独特の機能であるおサイフケータイ機能をもっていません。

■ワンセグでテレビが見られない
 こちらも日本独特の機能であるワンセグ機能がiPhoneには搭載されていません。
そのため、ワンセグによるテレビ視聴はできません。
5000円前後でワンセグチューナーを別途取り付けて、テレビ視聴をすることはできます。
iPhone脱獄によっても見れます。 > 【裏ワザ】脱獄でiPhoneが自由自在に

■赤外線機能が使えない
 こちらも日本独特の機能である赤外線機能がiPhoneには搭載されていません。
そのため、赤外線通信によるメアド交換などができません。
ただし「Bump」など、iPhone専用の無料アプリにより赤外線通信によるメアド交換と似たような方法でメアドやTEL番号交換をすることはできます。

■着うた、着メロが再生できない
 着うた、着メロは携帯使用(ファイルの拡張子など)になっているものも多々あります。
それらはiPhoneでは聴くことができません。
iPhoneはiTunesというツールにより音楽を視聴します。

■MicroSDなど外部メモリカードが使えない
 携帯やスマホに保存できるディスク容量は限られています。
そのため、たくさんの写真や音楽を保存する場合は、MicroSDカードなどに保存していました。
iPhoneの場合は、MicroSDカードのような外部保存媒体は挿入できません。
iPhone購入時に、16GB、32GB、64GBのようにディスク容量を決めて購入します。
こちらは、DropboxやEvernoteなどのアプリにより、インターネット経由でデータを保存するサイトに預けることで、ディスク容量を確保することができます。

■防水機能がない
 iPhoneは防水機能がありません。
そのため、水没すると故障します。
iPhoneは他の携帯やスマホと違い、修理するには数少ないApple Storeに出向く必要があります。
Apple Storeでないところでも修理を受け付けているところがありますが、高価な場合があるので注意が必要です。




■iPhoneと他のスマートフォンの違い
- iPhone 他のスマートフォン 携帯電話
携帯サイト △ (一部不可) △ (一部不可)
Flash ×
おサイフ機能 × △(対応機種のみ) △(対応機種のみ)
ワンセグ △(周辺機器にてカバー) △(対応機種のみ) △(対応機種のみ)
赤外線通信 × △(対応機種のみ) △(対応機種のみ)
防水機能 × △(対応機種のみ) △(対応機種のみ)
MicroSD × △(対応機種のみ) △(対応機種のみ)


日本の携帯やスマホはガラパゴス化

スマートフォンやタブレット端末で「ガラパゴス」というキーワードをよく耳にするかと思います。
これは、日本の携帯やスマホが世界標準と離れ、独自の進化を遂げているため、そう呼ばれるようになってきました。
具体的には、先にあげたおサイフケータイ機能、ワンセグ機能、赤外線機能が海外ではあまり使われず日本独自に進化した「ガラパゴス」の象徴的な機能です。
それゆえ、海外メーカーのアップル社が製造するiPhoneには日本のガラパゴス機能が取り入れられていないというわけです。
機能として劣っているわけではないので、日本の独自機能が世界標準になるほど広まれば、次期バージョンのiPhoneにも取り入れられるでしょう。






> 携帯料金プラン比較と節約TOP へ





▲このページのトップへ

携帯・スマホの料金比較と節約 > iPhoneと他のスマートフォンの違い3(iPhoneではできないこと)