体験記と比較

携帯格安購入 【DMMモバイル】 楽天モバイルのスマホ
マイクロファイバーハンディモップ 【商品】防犯透明フィルム モバイルWi-Fiルーターならワイモバイル

ソフトバンクとauのiPhone機能比較!通信方式、通信速度の違いやiMessageなど使用可能なiOSの機能の違いについて紹介

携帯・スマホの料金比較と節約 > ソフトバンクとauのiPhone機能比較

iPhone4s
softbankとauの比較

クロックス公式オンラインショップ

クロックス オンラインショップ

クロックスのオンラインショップ
種類もカラーもお店とは違い、すべて確認できるから、オンラインショップの方がオススメ!

AppBank Store

AppBank Store

iPhone、iPad、iPodでおなじみ、AppBank Storeのサイト。

iTunes-iPhoneApp

 iTunes Store(Japan)

iPhone、iPad、iPodでおなじみ、iTunesストアのサイト。

LINEモバイル

LINEモバイルのサイト。
docomo回線と同じエリアに対応。日本全国で繋がるので安心です。
特定のサービスの通信量をカウントしない「カウントフリー」や、LINEにトーク上でデータ残量を確認したり、LINEの友達にデータプレゼントすることも可能です。

楽天モバイルのスマホ

楽天モバイル
番号乗り換えも可能
つながりやすさ、スピードはドコモと同じ
選べる4つの料金プラン
楽天グループのアプリを使えば通話やメッセージが無料に!

新車見積もり
オートックワン

新車の見積もりサイト、
オートックワン。
my linkをご利用いただくと、お好きなクルマの見積りページへダイレクトにリンクできます。
車の相場などの事前情報収集に便利です。
登録後、いろんな自動車情報も届きます。

海外自由旅行なら予約.com

オンライン旅行予約サイト『予約.com』
【世界800都市/18,000ホテル】と【66航空会社の格安航空券】を自由に組み合わせて24時間いつでも予約できます。


ソフトバンクとauのiPhone機能比較

ソフトバンクとauのiPhone機能の違いについて

iPhoneの購入を検討している人にとって、ソフトバンクとauのどちらにするか、迷われている人もいるかと思います。
そこで、ソフトバンクとauのiPhoneの違いについて、機能面を中心にまとめました。

■通信環境
 こちらはiPhoneに限りませんが、ソフトバンクで最も弱点となっている「つながりやすさ」に違いがあります。
ソフトバンクでは屋内で有利な800MHz帯が使用できないことで、auよりつながりにくいのが現状です。
これを解消すべく、ソフトバンクでは基地局を今後5年で8倍の16万局まで増設する見込みです。
一方のauも、混雑している基地局につながっている端末機を近くの空いている基地局に振り分ける「EV-DO Advanced」を導入する予定で、さらにつながりやすさを追求しています。

■通信方式と通信速度
 従来より、ソフトバンクはW-CDMA、auはCDMA2000 (EV-DO Rev.A)という通信方式を採用してきました。
iPhone4sからはHSPAという通信方式も対応することになり、ソフトバンクの通信方式が恩恵を受けることになりました。
これにより、ソフトバンクは下り最大14.4Mbps、上り最大5.7Mbpsの通信が可能となり、
auの通信方式、下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsと違いが出ています。
ただし、雑誌などで通信速度の実測値を比較した結果では、都市部ではソフトバンクの方が早い場合が多いものの、高層階や建物の中など、場所によってはauの方が通信が早い場合もあり、一概にソフトバンクの方が早いとは言えないようです。

■通話と通信の同時並行
 auのCDMA2000 (EV-DO Rev.A)では、通話中にデータ通信が行えませんが、ソフトバンクでは可能となっています。

■iOS5の新機能
 ソフトバンクのiPhone4sでは基本的にiOS5の全ての機能が使用できます。
それに対し、auのiPhone4sでは、iMessageとFaceTimeが使用できません。
FaseTimeとはテレビ電話みたいな機能で、お互い顔を見ながら通話できます。
iMessageとはiOS5がインストールされたiPhone、iPad、iPodの端末同士で、写真やビデオ、連絡先情報などを交換することができる機能です。
ただし、今後auでも上記機能をサポートする方針であることが発表されています。

■メール
 キャリアメールにも違いがあります。
ソフトバンクでは「i.softbank.jp」「softbank.ne.jp」の2種類が提供されるのに対し、
auは従来の「ezweb.ne.jp」の一種類のみとなります。
また、メール受信時についても、ソフトバンクは「プッシュ式」により自動受信が行えるのに対し、
auでは15分間隔でしか自動受信が行えないという違いがあります。

■WiFiアクセスポイント
 ソフトバンクは10万スポット突破し、現在も東京、大阪、名古屋の地下鉄の一部でつながるなど、力をいれています。
一方でauは1万スポットと10分の1の数ですが、2012年3末で10万スポットまで増やす見込みで追い上げています。


■iPhone4s ソフトバンクとauの機能の違い
ソフトバンク au 
通信方式 W-CDMA/HSDPA/HSUPA CDMA2000/EV-DO Rev.A
帯域 2GHz 800MHz帯/2GHz帯
通信環境 つながりにくい つながりやすい
通信速度 下り最大14.4Mbps
上り最大5.7Mbps
下り最大3.1Mbps
上り最大1.8Mbps
通話と通信 同時使用可能 同時使用不可
iOS5新機能 全て使用可能 FaceTimeやiMessage使用不可
アドレス割当て 「i.softbank.jp」「softbank.ne.jp」 「ezweb.ne.jp」
メール受信 プッシュ式で自動受信 15分間隔
WiFiアクセスポイント 多い 少ない




理論上の通信速度はソフトバンクの方が上でも、つながりやすさはauが上!
iOS5新機能や通話中のデータ通信面でソフトバンクの方が使い勝手良し!




> 携帯料金プラン比較と節約TOP へ





▲このページのトップへ

携帯・スマホの料金比較と節約 > ソフトバンクとauのiPhone機能比較