体験記と比較

スマートフォン高額買取 最速・最安!ウルトラWiFiのお申込 モバイルWi-Fiルーターならワイモバイル
【カービュー】自動車保険一括見積 デザイナー家具のリグナ モダンアジアン家具【a.flat】

契約者数を伸ばして人気のあるソフトバンク・シンプルプラン。他のメーカーとの違いと加入における注意点について。

携帯・スマホの料金比較と節約 > ソフトバンクの月月割

携帯料金プラン
比較と節約

exciteクーポン

今一番オススメのクーポンサイト、【エキサイトクーポン】
定期的に、先着で絶対もらえるキャンペーンが実施され、お得です!
例えばビールや500mlのペットボトルなど、タダでお得にGetできます!

携帯・スマホ・タブレット通販の電脳プラザ

新古と中古の携帯・スマホ・タブレットなどを豊富に取り揃えるモバイル家電販売サイト。
携帯ショップで売られているスマホやガラケーよりも安く購入でき、
ヤフオクなどの個人間売買が心配なユーザーに広く支持を得ております。

LINEモバイル

LINEモバイルのサイト。
docomo回線と同じエリアに対応。日本全国で繋がるので安心です。
特定のサービスの通信量をカウントしない「カウントフリー」や、LINEにトーク上でデータ残量を確認したり、LINEの友達にデータプレゼントすることも可能です。

ソフトバンク携帯のキャッシュバック

ソフトバンク携帯の格安販売サイト【おとくケータイ.net】。
ネットならではの価格で購入で安く購入できます。

楽天モバイルのスマホ

楽天モバイル
番号乗り換えも可能
つながりやすさ、スピードはドコモと同じ
選べる4つの料金プラン
楽天グループのアプリを使えば通話やメッセージが無料に!

無料査定
カーチス

カーチスの愛車無料査定。
買い取り実績があり、信頼できる企業です。

家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】

注文住宅に興味ある方に最適!
簡易に工務店の資料を一括で請求できるサイトです。
参加業者1000社以上!
比較サイト最大手ウェブクルーが提供するだけあって情報量が豊富です。


ソフトバンク・月月割の注意点

ソフトバンク・月月割と他のメーカーとの違い

■「月月割により実質無料」はウソ!
 ソフトバンクでは月月割という毎月の支払額から一定額を割り引いてくれるサービスがあります。
このサービスの見出しに「実質無料」という表現がありますが、実は違う。。。
勘違いしやすい点があるのでソフトバンクの月月割と、auやドコモの基本料金についている無料通話分の違いについて説明します。

■月月割とは
まずは月月割の説明から。
月月割はソフトバンクの携帯を購入した際に適用される割引サービスのこと。
携帯機種に応じて、毎月の支払から一定額を差し引いてくれるサービスです。
例えば24,000円の携帯では月月割が1000円、
40,000円の携帯では月月割が1500円、
などのように携帯機種により変わってきます。

■勘違いの実例
ここで例えば、ソフトバンクの携帯端末を1,050円の分割払いで購入し、
これに、月月割で1,050円分の割引ができたとします。
  これをソフトバンクでは実質無料と呼んでいます〜

ある月に、あなたは通話でひと月に1,050円分使用したとします。
この場合、
 「月月割で通話代1,050円が相殺されるから、基本料金の980円のみの支払う!?」
かというと、違います。

携帯端末の分割払いは必ず支払わなければならないので、この場合でも、
 「基本料980円 + 分割払い分1,050円 = 2,030円・・・どのメーカーも同じ
が必要となります。
auやドコモも、携帯端末の分割払いが残っている間は、上記と同じ条件になります。

■ところが、分割払いが終わった後の支払を見ると・・・
 auやドコモなら、携帯の分割払いが終わった後でも無料通話分が残るので、
通話で1,050円分使用したとしても、無料通話分で相殺され、
その月の支払は980円のみになります。

それに対し、ソフトバンクは月月割も終了しているので、通話分は差し引かれません。
そのため、分割払い終了後の支払としては以下のようになってしまいます。

 ※分割払い終了後
基本料980円 + (通話代1050 - 無料通話1050) = 980円・・・ドコモとauの場合
基本料980円 + 通話代1050 = 2,030円・・・ソフトバンクの場合



■月月割1,050円の支払例
- 契約から25か月まで 26か月目以降
ソフトバンク (基本料金980円+携帯通話料)
−1,050円(月月割)
(基本料金980円+携帯通話料)
※割引なし
au (基本料金980円+携帯通話料)−1,050円(無料通話分)
※2年経過後も割引が続く
ドコモ


■ソフトバンクの注意点のまとめ
  • 月月割で多くの割引きができても、auやドコモより機種代の総支払額は損していることが多い
  • 月月割が終わると(26ヵ月後)、割引きがなくなる (auやドコモは無料分がずっと続く)
  • 月月割の無料分が余ると持ち越せない (auやドコモは持ち越せる)
  • 月月割の無料分が余ると家族間共有できない (auやドコモは家族間共有できる)



> 携帯料金プラン比較と節約TOP へ





▲このページのトップへ

携帯・スマホの料金比較と節約 > ソフトバンクの注意点