体験記と比較

AppBank Storeイー・モバイル×100円パソコン【1円から!】 中古携帯買い取り
審査なしで即作れるETCカード 保険スクエアbang!の一括資料請求 日本旅行の海外ツアー

ソフトバンク・au・ドコモ間の乗り換えと、機種変更時のプラン変更のススメ、メリットと注意点について

携帯・スマホの料金比較と節約 > 格安料金プラン

携帯料金プラン
比較と節約

Yahoo!オークション

一般の量販店、価格.comや楽天などどこと比較しても一番安く変えることの多いヤフオク!
上手に使って節約をしましょう。

スマートフォン高額買取

中古スマートフォンを高額買取してくれるお店、
Smarket【スマーケット】
便利なオンライン見積もり査定は、会員登録やメールアドレスの登録が不要!
すぐ見積もりがとれます。

AppBank Store

AppBank Store

iPhone、iPad、iPodでおなじみ、AppBank Storeのサイト。

SoftBank携帯・スマートフォン

純増数No.1、ソフトバンク携帯。
孫さん率いるソフトバンクだからこそ、今後も一番良いサービスが期待できます。
乗り換えるメリット多数!softbank携帯に乗り換えよう!

ソフトバンク携帯のキャッシュバック

ソフトバンク携帯の格安販売サイト【おとくケータイ.net】。
ネットならではの価格で購入で安く購入できます。

家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】

注文住宅に興味ある方に最適!
簡易に工務店の資料を一括で請求できるサイトです。
参加業者1000社以上!
比較サイト最大手ウェブクルーが提供するだけあって情報量が豊富です。

白ロム専門店
携帯格安購入

白ロム専門店のサイト。
ネットで手軽に格安の携帯端末を購入できます。
1万円以下で買える端末も多数掲載中!


格安料金プランと注意点

格安料金プランとその注意点

■携帯基本料金プランはこれ!
 昔は、同じメーカーの携帯を長く使えば使うほど、基本料金が年々、割り引かれてお得でした。
そのため、携帯の乗り換えをすることが、「損」ということになっていました。
現在は違います。
1年しか使っていない人でも、10年間使い続けた人でも、基本料金は同じ。
それが、トップページにも掲載している以下の割安プランです。

- ソフトバンク au ドコモ
プラン名 ホワイトプラン シンプルコース バリュープラン
条件 なし 家族割か誰でも割
に加入すること
ファミ割かひとりでも割
に加入すること
最低
基本料金
980円
加入期間 2年更新
違約金 9,975円

現在、携帯料金プランを選択する際は、たいてい以下のプランを選択します。
ソフトバンクのホワイトプランは上記980円プランのみ、その他のメーカー(au、docomo)は980円だけでなく、複数の料金ランクに分かれています。
通話やパケット通信を多く使う人は、980円プランではなく、料金が高めのプランに入った方が得になります。


割安プランに加入するには対応機種を購入すること

上記の格安プランに加入するには条件があります。
それは、上記プランに対応した携帯端末を購入すること
古い携帯を使い続けている人は、上記格安料金プランに入れないのです。
だから、機種変更する際は、上記プランに変更するのがいいでしょう。


格安プランに入らない場合

■格安プランに入らない場合
 格安料金プランに入らずに機種を購入することもできます。
その場合、基本料金が倍(1,960円)します。
携帯端末価格が2万円を超えていると、20ヶ月もあれば、上記割安プランの方が得します。
また、端末価格が2万円や3万円など高額でも、基本的に分割払い(24ヶ月が多い)となります。
そのため、初期費用が抑えられる仕組みになっています。
数か月で携帯を解約するようなことがない限り、格安プランがよいでしょう。


格安料金プランは2年更新

■2年更新月と異なるタイミングで解約すると
 格安料金プランに加入する条件に、「2年単位の契約」というものがあります。
つまり、2年間のうち、途中でこのサービスを解約すると、違約金が発生します。
この違約金が9,975円と違法ともいえるぐらい高額なのです。
2年単位なので、違約金なしに解約できるのは2年間のうち1ヶ月しかありません。
これにより、携帯各社の乗り換えが妨げられているのが現状です。
携帯を他社へ乗り換える際は、2年更新の月にするのがよいでしょう。
お金がかからないタイミングは1か月間となります。


auやドコモで11年以上使っている人

■家族間割引サービスを11年以上使っている人はまだマシ
 ただし、家族間で割引サービスが受けられる「家族割(au)」「ファミ割(ドコモ)」では、11年以上加入した人の違約金が3,150円となります。

★「家族割(au)」「ファミ割(ドコモ)」の違約金
  11年未満の人は 9,975円
  11年以上加入している人は 3,150円


携帯会社間の乗り換えをする際、基本料金や初期費用を1万円程度割り引いてくれるキャンペーンが頻繁に行われています。
この1万円のプラスは、違約金で取られる1万円のマイナスで相殺できるという考えです。

乗り換えを検討する際は、2年単位の節目の時期を確認することと、
家族間割引サービスを11年以上続けていないか確認することが重要です。


乗り換えしたいけど、ポイントがたくさん余っている場合

■乗り換え前のポイント消化
 携帯メーカーを乗り換えたいけど、ポイントがたくさん余っているという方。
携帯のポイントは使用用途が限られていて、余った場合の使い道について分からない人も多いかと思います。
一番有効なのは、最新の携帯端末をポイントで購入すること
その後、購入した新しい携帯端末を売却すれば、売却益が出ます。

売るには、ネットオークションを活用するか、携帯買い取り業者に引き取ってもらうという選択肢があります。
一番手軽なのは、携帯買い取り業者に売ることです。
大手家電ショップでも買い取りサービスを行っているところもありますが、
相場が良いのは、ネット専業の携帯買い取り業者になります。





■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
  日本初!携帯電話のフリーマーケット『ケータイ★アウトレット』
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

  携帯電話を売りたい人、携帯電話を買いたい人。。

  携帯電話のフリーマーケットに参加しましょう!!

【白ロム・機種変更】携帯電話の「売りたい」「買いたい」はムスビーで!




> 携帯料金プラン比較と節約TOP へ







▲このページのトップへ

携帯・スマホの料金比較と節約 > 乗換えとプラン変更