情報セキュリティ 試験合格への道
iStudyで学習 通信講座
   情報セキュリティスペシャリストの試験対策。
   一問一答で回答するキーワード整理により、効率良く習得できるようにしています。
情報セキュリティスペシャリスト合格への道 > IT基本用語集
情報セキュリティスペシャリスト

用語集
せキュリティ
ネットワーク
プロジェクトマネジメント
一般


IT基本用語
AAC (Advanced Audio Coding) 【音声圧縮】
  • MPEG-2やMPEG-4で使われる音声圧縮方式の一つ
  • 非可逆圧縮方式
  • MPEG-1の音声圧縮方式であるMP3よりも約1.4倍圧縮率が高い
    (音質はほぼ同等)
  • 音質重視のLC-AACと、圧縮率重視のHE-AACに分かれる
H.323 【通信規約】
  • インターネットやLAN上で動画や音声などを含むコンンテンツを送受信するためのプロトコル群
  • ITU-T 勧告の規格
  • 古い規格であり、最近はSIPなどに置き換わられつつある
    SIPの利点は簡易性と、HTTP、SMTPプロトコルに類似性がある点
  • 最近のVoIP機器はSIP、旧式のVoIP機器にはH.323が使われている
IIOP (InternetInter-ORB Protocol) 【通信プロトコル】
  • 異なるORB間でメッセージを交換するためのプロトコル
  • OMGがCORBA2で規定
  • TCP/IP接続された複数オブジェクト間を互いにデータ受け渡しや処理の依頼ができる
     (オブジェクトとはソフトウェア部品を意味する)
  • やり取りするコンピュータの機種の違い、プログラム言語の違いに関わらず、やり取りできる
IMAP4 (Internet Message Access Protocol 4) 【メール】
  • メールサーバからメールを取り出すためのプロトコル
  • メールサーバ上のメールから必要なメールだけを取り出すことができる
    ⇒POP3は着信したメールを一括でクライアント側端末へダウンロードし、閲覧する
JPEG (Joint Photographic Experts Group) 【画像形式】
  • 画像フォーマットのひとつ
  • 圧縮の際に、若干画質劣化するタイプと、しないタイプがある
  • JPEG画像をつなぎ合わせて動画にした方式 = Motion-JPEG
  • PNGより圧縮率は劣る
MPEG (Moving Picture Experts Group) 【動画圧縮】
  • 映像データの圧縮方式の一つ
  • 非可逆圧縮方式
  • MPEG-1からMPEG-7まで各規格が定められている
    • MPEG-1 ・・・VTR並みの映像。CDROMに使用
    • MPEG-2 ・・・ハイビジョンテレビ並みの映像。DVDやCS放送、デジタル衛星放送で使用
    • MPEG-3 ・・・欠番
    • MPEG-4 ・・・携帯端末など低速回線用。ストリーミング映像、DivX、デジカメ動画などで使用
    • MPEG-7 ・・・マルチメディア用、XMLベースのメタデータ表記の規格。高速な検索を目的としている
  • MP3はMPEG-1の音声圧縮方式
    MPEG-2やMPEG-4では、MP3の代わりにAACという音声圧縮方式をとる
    MP3には著作権保護機能が無い。
PCM (Pulse Code Modulation) 【デジタル化】
  • 音声などアナログ音声信号をデジタル化する方式
  • サンプリングと量子化によりデジタル化する
  • サンプリング = アナログ信号を特定時間間隔で取得すること
  • 量子化 = 1サンプリング音圧をビットで符号化
  • 記録されたデジタルデータの品質は、以下2種類で決まる
    • 1秒間に何回数値化するか = サンプリング周波数
    • データを何ビットの数値で表現するか = 量子化ビット数
PNG (Portable Network Graphics) 【画像形式】
  • 画像フォーマットのひとつ
  • LZ77とハフマン符号化の2段階の圧縮を行なう方式 = deflation方式
     ⇒ZIPなどでも採用された圧縮方式
  • フルカラーの画像を劣化なしで圧縮できる
  • 1ピクセルあたりの情報量(色深度)が、48ビット(赤青緑16ビットずつ)まで扱える
  • 各ピクセル毎に透明度を指定できる
  • WWWに関する標準化団体W3Cによって推奨
  • もとはUNISYS社にライセンス料が必要なGIFの対抗として、ライセンスフリーなPNGが考えられた
RAD (Rapid Application Development) 【開発】
  • プログラムを早く開発すること
  • CASEツール(Computer Aided System Engineering)や4GL(4th Generation Language:第四世代言語)を用いることが多い
  • その他のプロセスモデルに、ウォーターフォールモデル、プロトタイピングモデル、スパイラルモデルがある
RSS (RDF Site Summary) 【Web技術】
  • Webサイトの情報を簡単にまとめて配信するためのXMLベースのフォーマット
  • ニュースサイトやブログなど、Webサイト更新情報を配信する際に利用される
  • 音声データファイルを公開するための方法であるポッドキャスティングにも使われている
RTP (Realtime Transport Protocol) 【通信規約】
  • インターネット上の音声や映像を配信するための標準パケット形式の規格
  • UDPで動作する
ポッドキャスト 【メディア】
  • インターネット上で音声や動画のデータファイルを公開する方法の1つ
  • アップル社のiPod(アイポッド)と”放送”を意味するBroadCast(ブロードキャスト)を組み合わせた造語
ウォーターフォールモデル 【開発】
  • システムの開発手順を示すモデルの一つ
  • 開発プロジェクトを時系列に、「要求定義(SP)」「外部設計/概要設計(SA)」「内部設計/詳細設計(SS)」「開発/プログラミング(PG)」「結合テスト(IT)」「システムテスト(ST)」「運用テスト(OT)」「運用(OP)」の作業工程(局面、フェーズ)に分割し、進めていく
  • 原則として前工程が完了しないと次工程に進まない、前の工程への逆戻りが起こらないようにする
  • その他のプロセスモデルに、プロトタイピングモデル、スパイラルモデル、RADモデルがある
エンベロープ 【メール】
  • メールの配送を行うMTA(SMTPサーバ)が、中継制御のために用いる送信者・受信者情報
  • メーリングリストなど、配送経路により内容が変わる場合、メールヘッダー(「From:」「To:」「Cc:」「Bcc:」フィールド)と異なる場合がある
  • 送信者はSMTPのMAILコマンドの引数(MAIL FROM:)で、宛先はRCPTコマンドの引数(RCPT TO:)で確認できる
スパイラルモデル 【開発】
  • システムの開発手順を示すモデルの一つ
  • 開発サイクルを繰り返すことによって,システムの完成度を高めていくプロセスモデル
  • 仕様の修正や再設計を考慮したモデルとなる
  • その他のプロセスモデルに、ウォーターフォールモデル、プロトタイピングモデル、RADモデルがある
  • ウォーターフォールモデルと比べて顧客の要求と最終実装が乖離しないという特長をもつ

情報セキュリティスペシャリスト合格への道 > IT基本用語集 ▲このページのトップへ